富士山の天然水のウォーターサーバー【ふじざくら命水】 > 暮らしに役立つ天然水活用法 > ふじざくらコラム > 一人暮らしにウォーターサーバーは不要? メリット・デメリット

一人暮らしにウォーターサーバーは不要? メリット・デメリット

職場などにウォーターサーバーがあって、便利に使っているという方は多いでしょう。
しかし、便利さは知っているけれど、一人暮らしだから自宅では使っていない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ウォーターサーバーの導入を迷っている一人暮らしの方に、以下のポイントを解説します。
「一人暮らしでもウォーターサーバーを設置するメリット・デメリットを知りたい」
「ウォーターサーバーを選ぶ時の注意点が知りたい」

一人暮らしでもウォーターサーバーを無理なく便利に使えるように、選び方のポイントや、お水の消費量の目安もご紹介します。

ウォーターサーバーのある生活が気になるという方は、ぜひ参考にしてください。

一人暮らしでウォーターサーバーを使うメリットは?

一人暮らしの家にウォーターサーバーを置くメリットは、次の3つがあります。
1. ミネラルウォーターを買う手間が省ける
2. 冷水や温水がすぐに使える
3. ゴミの削減につながる

それぞれを細かく見ていきましょう。

ミネラルウォーターを買いに行かずに済む

一人暮らしでおいしいお水を飲もうとすると、以下の2つが多いのではないでしょうか。
・浄水器を付ける
・ミネラルウォーターを購入する

浄水器で問題なくおいしい水道水が飲めればいいですが、必ずしも満足できるとは限りません。
お水にこだわりたいなら、スーパーやコンビニなどでミネラルウォーターを購入することになります。

しかし、2リットルボトルで買うと、毎回重くて大変な思いをしなくてはなりません。
通販を利用すれば重いボトルを運ぶ面倒からは逃れられますが、その都度注文するのは手間です。
ウォーターサーバーを導入すると、毎回ボトルウォーターを買いに行く手間がなくなるというメリットがあります。

安心して飲める衛生的な天然水やRO水が、月々決まって届く気軽さは、ウォーターサーバー最大の利便性であり魅力です。

冷水と温水がすぐ使える

ミネラルウォーターを常備していても、冷蔵庫で冷やしておかないと、冷たいお水を好きな時に楽しむことができません。
冷蔵庫が小さめだと、十分な量の水を冷やしておくのも大変です。
また、お茶を飲むために毎回お湯を沸かす手間もあります。
保温できるポットなどがないと、その都度沸かさなければならず、手間になってしまいます。

ウォーターサーバーなら、冷蔵や湯沸かしの時間を必要とせずに、すぐに冷たい水と熱いお湯を使うことが可能です。
特にお茶やコーヒーをよく飲む人には、すぐお湯が使えるのは大きなメリットです。
ウォーターサーバーをキッチンに設置すれば、料理にも簡単においしいお水を使うことができます。

ゴミの削減に繋がる

ウォーターサーバーの導入は、ゴミの削減にもつながります

ミネラルウォーターを毎回購入すると、ペットボトルのゴミが出てしまいます。
ウォーターサーバーも使い捨てタイプの容器がありますが、ボトルの容量が異なります。
1本あたり7〜12リットルで、2リットルペットボトルの4〜6本分に相当するのです。
ゴミの量は、単純計算でも1/4〜1/6に減らせることになります。

また、メーカーがボトルを回収するリターナブルタイプの場合、ゴミをゼロにすることも可能です。

一人暮らしでウォーターサーバーを使うデメリットは?

一人暮らしでも、ウォーターサーバーを使うメリットはたくさんあります。
しかし、デメリットもないわけではありません。
主なデメリットは、以下の3点です。
1. お金がかかる
2. お水が余る
3. 置き場所の確保

デメリットもしっかり知っておくことで、導入してから後悔するリスクも減らせます
一つずつ詳しく見てみましょう。

お金がかかる

ウォーターサーバーを導入するには、水代の他にもお金がかかります
例えば、サーバーのレンタル料やメンテナンス代金などの初期費用、それに電気代など月額のランニングコストです。
また、早期に解約してしまうと解約料金が発生することもあります。

一人暮らしでウォーターサーバーを導入する際に気をつけたいポイントは、こちらの記事でも詳しく解説しています。
「ウォーターサーバーは一人暮らしにこそ必要 失敗しない選び方」

後悔しないためには、自分のライフスタイルで、どのくらいのお水を使うのかを把握することです。
使用量に応じたウォーターサーバーを導入すると、月々または年間でどれくらいコストがかかるか計算してみましょう。
費用面で納得できてから契約すれば、失敗のリスクを減らすことができるでしょう。

飲みきれない可能性がある

ウォーターサーバーのストックボトルは、基本的に複数本セットで配送されます。
2本単位や4本単位がよくあるパターンです。
それが定期的に届くことになりますが、飲みきれずに持て余してしまう可能性もあります。
一人暮らしであまりお水を消費しないという場合は、特に起こりやすい失敗です。

対策としては、普段使うお水の量を把握しながら、届く本数や配送サイクルを調整します。
お水が少し余るくらいのペースで、次のボトルが届くようなサイクルになればベストです。

なお、多少の余りは気にせずに、備蓄として考えておくことも大切です。
災害時や断水時などに、すぐ飲める水が常に備蓄できているのは心強いです。

サーバーやボトルの置き場所が必要になる

ウォーターサーバーを導入するには、置き場所も確保しなくてはいけません。
サーバー本体の高さや奥行きにプラスして、周囲10〜15センチ程度の余裕が必要です。

サーバー本体だけではなく、お水のボトル置き場も確保しておく必要があります
サーバー・ボトルともに直射日光が当たらない場所への設置・保管が望ましいですが、ワンルームなどの場合は難しいかもしれません。
リターナブルボトルの場合、業者が回収にくるまでの間、空きボトルの置き場所も必要になるのがデメリットです。

お部屋に十分なスペースがない場合は、卓上型のコンパクトなものを導入することで解決できます。
おきたい場所とスペースの大きさをしっかり検討して選べば、失敗なく導入できるでしょう。

一人暮らしで使うウォーターサーバー選び5つのポイント

ここまで、一人暮らしの方のウォーターサーバー導入に関するメリットとデメリットを見てきました。
ここからは、実際にウォーターサーバーを選ぶ時に確認すべきことをご紹介します。

サーバー選びには、次の5つのポイントを押さえておくことが大切です。
1. コストや解約金の有無
2. お水の注文ノルマや配達日指定など
3. サーバー本体に関する確認
4. ボトルの種類
5. ボトル交換のしやすさ

これらを事前にしっかり確認して、失敗のないウォーターサーバーを選択してください。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

コストや解約金の有無を確認

まずはコスト面の確認です。
ウォーターサーバーの使用で必ずかかってくるランニングコストの詳細を確認しましょう。

維持費として必要なのは、主に以下のような項目です。
・サーバーレンタル費用
・メンテナンス料金
・お水代
・電気代

このうち、メンテナンス費用は定額制のサーバーレンタル料に含まれていたり、メンテナンスの度に、別途課金されたりとサービスによって異なります。
また、電気代については目安となる消費電力がわかれば算出できますし、メーカーHPでも電気量の目安を表示しています。
お水代については次の項目でも解説しますが、毎月何本届いていくらなのかを把握しておいてください。

そして、これらの必ずかかってくる費用の他に、契約期間の途中で解約した場合の解約料金の値段も事前にきちんと確認しておきましょう。

サーバー本体のサイズを確認

サーバー本体のサイズも忘れずに確認しておきたい項目です。
置き場所を確保するためには、サーバー本体のサイズプラス10〜15センチ程度の余裕が必要です。

サーバーを壁や他の家電などとピッタリつけて配置すると、動作に影響が出るおそれがあり危険です。
電気代が余計にかかったり、故障の原因にもなったりする恐れがあるため、必ず周囲に隙間をあけて設置しましょう。

ボトルの種類を確認

ウォーターサーバーのボトルには、回収して再利用するリターナブルタイプと使い捨てのワンウェイタイプがあります。

ゴミゼロにしたいならリターナブルですが、空きボトルの回収まで保管しておく場所の確保も必要です。
使い捨てボトルの場合は、ストックの置き場所が確保できれば大丈夫なので、一人暮らしにはおすすめです。
バッグインボックスタイプなら積み重ねて保管することが可能なので、ボトルタイプより保管スペースを減らすことができます。

ボトル交換のしやすさを確認

一般的な床置き型ウォーターサーバーは、サーバー上部にお水のボトルをセットします。
ボトルは9〜12リットル程度でそれなりの重さがあり、持ち上げるのが大変に感じる方もいるでしょう。
交換のしやすさを重視するなら、小型の卓上型ウォーターサーバーがおすすめです。

サーバー下部にボトルをセットできる機種もありますが、お水を下からタンクに汲み上げるため動作音が大きい傾向があります。

ウォーターサーバーの水は実際どれくらい消費する?

ウォーターサーバーを導入前に気になる事といえば、お水をどのくらい注文するのかです。
自分が普段使う量を振り返ってみて試算できればベストですが、なかなか難しいと感じる方もいるでしょう。

一般的には、成人で1日2〜2.5リットルの水が必要と言われています。
そのうち1リットルは食事から摂取され、0.3リットルは体内で生成されています。
意識して摂取する水分は1リットル程度を目安にするといいでしょう。

ウォーターサーバーでのお水の使用量は、以下の2点を確認するとわかりやすくなります。
・飲用に使う水
・料理用に使う水

飲用にはどれくらい使う?

毎朝水をコップ1杯飲むという習慣があれば、コップ1杯のお水は約200cc程度です。
また、食事の際にカップスープやインスタントの味噌汁を添える場合、160〜180cc程度になります。

お茶やコーヒーなどを日々どのくらい飲んでいるかを確認すると、1週間分の必要なお水の量が見えてくるでしょう。
それを4~5倍すれば、月の使用量の目安となります。

料理にはどれくらい使う?

お料理でウォーターサーバーのお水を使う代表的なものといえば炊飯ではないでしょうか。
お米1合を炊くのに必要な水量はおよそ200ccです。
研ぎ水や浸し水にもウォーターサーバーのお水を使う場合は、お米1〜2合でおよそ1.2〜1.5リットル程度が目安となります。

他には、麺類を茹でたり、お味噌汁を作ったりするのに使うというケースもあるでしょう。
一人暮らしですと、おおよそ500〜800cc程度が目安です。
毎日自炊するという方でなければ、料理での使用はさほど多くないと考えて大丈夫です。

ウォーターサーバーなら「ふじざくら命水」

一人暮らしの方におすすめのウォーターサーバーは「ふじざくら命水」です。
ワンルームでも設置場所を確保しやすい卓上タイプのサーバーもあり、お水のボトルはバッグインボックスなので、ストック場所も省スペースです。

また、美味しい富士山の天然水が安価で楽しめるのもおすすめできるポイントです。
富士山の天然水を安く、手軽に飲んで頂きたいという思いで、産直価格9リットル 1ボックス 1,458円〜を実現しました。

気軽にお試ししていただける「解約金無料キャンペーン」も実施しています
サーバーレンタル料が3ヶ月間無料となり、お水代と電気代だけでしっかり試すことができるお得なキャペーンです。
ぜひこの機会に、一人暮らしでのウォーターサーバー導入にチャレンジしてみませんか?

「ふじざくら命水」解約金無料キャンペーンをみる

まとめ(一人暮らしでのウォーターサーバー利用)

ウォーターサーバーは便利な家電ですが、一人暮らしの場合には導入前にチェックしておくべきポイントがあります。
・コストや解約金の有無
・お水の注文ノルマや配達日指定など
・サーバー本体に関する確認
・ボトルの種類
・ボトル交換のしやすさ

特にお水を使い切れるかは、普段の水の使用量や、在宅している時間の長さにも関わってきます。
まずは、普段自分が自宅でどのくらいお水を使っているのかチェックしてみるといいでしょう。
ウォーターサーバーのお水には、注文本数のノルマがあるので、使い切れるかどうかを確認するようにしてください。

そして、便利なウォーターサーバーライフを楽しんでくださいね。