ふじざくら命水 > 暮らしに役立つ天然水活用法 > ふじざくらコラム > ウォーターサーバーのカビ対策にはこまめな掃除

ウォーターサーバーのカビ対策にはこまめな掃除


冷水もお湯も、ボタン一つでいつでも手軽に飲むことができるウォーターサーバー。しかし、日頃のメンテナンスを怠ると、思わぬリスクが潜んでいます。
お客様には常に衛生的な状態で、安心して使用してほしい。そんな思いから、今回はウォーターサーバーに潜むリスクと、その対処法について紹介します。

水が臭い!味が変!ウォーターサーバーに潜むリスク

いつものようにコップに注いだ水。口もとに持って行った時、あるいは飲んだ瞬間に「あれ?変な臭いがする」と、感じたことはありませんか?
これはウォーターサーバーに限ったことではなく、水を扱う製品に共通して言えることですが、使い方やお手入れ方法を間違えると、カビが生えたり、水垢がついたりすることがあります。さらに、一度発生したカビや水垢は、自然淘汰されることはありません。放っておけば、どんどん繁殖し続けてしまいます。
ではどうすればよいのでしょう?

カビの種類と発生を誘引する汚れ

ウォーターサーバーに発生しやすいとされるカビは、黒カビと赤カビです。
黒カビには、「クロカワカビ」「ススカビ」などがあり、その名の通り黒色をしています。空気中にも数多く存在しているポピュラーなカビ菌ですが、発生・増殖して胞子が人間の体内に入ると、喘息やアレルギーの原因になることも。低温や乾燥に強い厄介な存在です。
一方、お風呂や洗面台など水回りでよく見かけるピンク色の汚れは、「コドトルラ」という酵母菌の一種。俗に赤カビと呼ばれていますが、カビではありません。健康被害など人体への悪影響はありませんが、黒カビの発生を誘引する可能性が高く、注意が必要です。

カビが繁殖する環境

カビ菌は、私たちの生活空間のいたるところ、例えば空気中にも浮遊しており、一定の条件が揃うと繁殖し、いわゆる「カビが生えた」状態になります。
カビは高温多湿で、エサとなるホコリやダニ、雑菌、水垢などがある場所を好み、増殖します。湿度60%以上、気温20~30℃の環境で活発化するため、梅雨の時期だけでなく、たとえば寒い冬に部屋の窓ガラスに生じる結露も、カビ発生の原因になります。
また、カビの発生を誘引する水垢は、硬さがあり、灰色の粉が吹いたような感じの堆積物。これは、天然水に含まれるミネラルが固まったもので、主成分は炭酸カルシウム(石灰)。衛生面での問題はありませんが、雑菌が繁殖する温床になるので、気が付いたら早めに除去した方が安全です。

カビの発生はウォーターサーバー内部より注ぎ口に注意

ウォーターサーバーでカビが発生しやすいのは、注ぎ口と受け皿、そして水とウォーターサーバーの連結部分です。
注ぎ口は、常に空気にさらされていてカビ菌をキャッチしやすい場所であり、しかも濡れた状態になりやすいため、雑菌が発生しやすくなります。さらに、カビの栄養となる、ホコリ、飲み物やカップラーメンの汁なども付着しやすいので、カビの繁殖も早まります。
また、ホコリがたまりやすく水や飲み物がこぼれやすい受け皿や、接続があまいと水漏れしやすい水とウォーターサーバーの連結部分も、カビの発生しやすい場所と言えます。

ウォーターサーバーのカビ対策にはこまめな掃除

カビの発生を防ぐには、日常的にお手入れをして清潔な状態を保つことが大切です。ウォーターサーバーの簡単な掃除の仕方をご紹介しましょう。

注ぎ口の掃除方法

1. ノズルキャップを回して外す。
2. ブラシなどを使って流水で丁寧に洗い、水気を切る。
3. 台所用のアルコール除菌剤などを綿棒にとり、出口部周辺を丁寧に拭く。
※ノズルキャップをウォーターサーバーにセットする際は、雑菌が付着しないよう、直接触らずにキッチンペーパーなどを使用するのがポイントです。

受け皿の掃除方法

1. 受け台を上に引き上げて外す。
2. 中性洗剤で洗浄しよくすすぎ、水気を切る。

ウォーターサーバーと天然水の連結部分

1. 天然水のコネクターを締め、本体から取り外す。
2. 連結部分のまわりに溜まった水や汚れをキッチンペーパーなどで完全に吸い取る。
※ボトルに天然水が残った状態でウォーターサーバーから取り外すと、水がこぼれる危険があります。天然水を飲みきった後の交換時に、お手入れすることをおすすめします。

また、設置場所の環境を整えることで、カビの発生を防ぐ効果が期待できます。カビの発生と繁殖を助長するのは、温度、湿度、空気、そして栄養。そこで、これらの条件を満たさない、乾燥していて、ホコリが少ない場所にウォーターサーバーを設置することもポイントです。定期的に乾拭きをしてウォーターサーバー表面のホコリを取り除くとともに背面部のエアフィルターも掃除しましょう。

ウォーターサーバー内部のカビ対策には自動メンテナンス機能

ウォーターサーバーの外側は自分で掃除ができますが、タンク内部や通水部はどうでしょう。
ウォーターサーバーの内側は複雑な構造になっていることも多く、目に見えないこともあって、自分で掃除をしたり、殺菌や消毒をしたりすることは難しいものです。メーカーや業者によっては、定期メンテナンスを実施しているところもありますが、当然のことながら頻度は少なくなります。
そこで注目してほしいのが、ウォーターサーバーに搭載されているメンテナンス機能です。
ふじざくら命水のウォーターサーバーは高温循環機能が備わっており、4時間かけてサーバー内部のタンクや通水部を高温水(85℃)が循環することで、ウォーターサーバーの内部が常に衛生的に保たれます。
「安心な機能ではあるけれど、4時間もかかるとその間にウォーターサーバーが使えない」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、夜中など、ウォーターサーバーを使用しない時間を選んで設定をしておけば、7日に1度の間隔で自動で高温循環が実施されるため、とても便利。飲みたいのに飲めないといった不自由を感じることなく、常に衛生的で安全性の高い天然水をご利用いただけます。

空気に触れないから最後の一滴まで安心

ところで、ミネラル分の多い天然水は、雑菌やカビ菌にとっても栄養豊富なお水。しかも塩素消毒されていないため、外気に触れると空気中の雑菌が入り込み繁殖するリスクがあります。
その点、ふじざくら命水は、地下150mの深井戸から汲み上げる過程はもちろん、ボトリングの際も外気に触れることなく、新鮮な状態でお届けしています。また、天然水の入ったポリエチレンバッグは水が出るに従って容器自体がしぼむので、外気をバッグ内に取り込むことはありません。ウォーターサーバーにセットした後も最後の1滴まで新鮮なまま、美味しい天然水をお飲みいただけます。
なお、ウォーターサーバーは家電です。電源を抜いてしまうと、タンク内部に残ったお水が不衛生な状態になり、味やにおいに影響が出る場合があります。数日間留守にする場合でも、電源は入れておくようにしましょう。

 
 

ふじざくら命水お得情報

お得なプラン・キャンペーン