ふじざくら命水 > 暮らしに役立つ天然水活用法 > ふじざくらコラム > ウォーターサーバーの水のストック 収納場所や保管方法を紹介

ウォーターサーバーの水のストック 収納場所や保管方法を紹介

新鮮で美味しい天然水を自宅に定期配送してくれる宅配水タイプのウォーターサーバーですが、導入を検討する際の懸念材料のひとつにウォーターサーバーの設置場所とお水のストックの収納場所があげられます。とりわけお水の収納については、非常時の備蓄水を考えるとある程度のスペースが必要になることはイメージできても、どんな場所にどのくらいのスペースを確保すればよいのか実感するのは、意外と難しいようです。
必要以上に水の収納場所を心配してウォーターサーバーの導入を諦めるのは残念ですし、軽く考えすぎて導入後に後悔するような事態も避けたいもの。そこで今回は、ウォーターサーバーの水の収納場所と適切な保管方法を紹介します。

一般的なボトルタイプの水は意外とストックの収納が大変!?

ウォーターサーバーの水の容器には、プラスチック製のガロンボトルに入って届くタイプと、バッグインボックスと呼ばれる水が入ったビニールパックを段ボールで梱包して届けるタイプの2つがあります。
宅配水タイプのウォーターサーバーのお水はガロンボトルで届くタイプが一般的で、空になったボトルを小さく潰して一般ゴミとして処分できるワンウェイタイプと、メーカーが回収し殺菌、消毒後に再利用するリターナブルタイプがあります。
リターナブルタイプはエコロジーの観点からは理想的ですが、使い終わったボトルが回収されるまで自宅に保管しておく必要があるため、場合によってはストック用のお水の収納スペースとは別に一定の空ボトル用のスペースを用意する必要も出てきます。
ボトルタイプの容器はそれ自体を積み重ねて保管することはできません。専用の収納ボックスを用意しているメーカーや、一般的なガロンボトル用の収納ラックを販売しているネットショップがありますので、ボトルタイプのウォーターサーバーを導入する際は収納グッズもあわせて検討する必要がありそうです。
また、宅配水の容量については、12リットルが主流ですが、5リットル以下の少量タイプから20リットル近く入っている大容量タイプまで幅広く展開しているメーカーもあります。使用頻度が少ない一人暮らしの方はもちろん、重いボトルを敬遠したい高齢者や女性にとっても扱いやすい少量ボトルですが、使用量によってはすぐに空になるため頻繁にボトル交換をする必要があり、ストックのお水の収納スペースや使用後のゴミが割り増しになるというデメリットもあります。
一方、オフィスや大家族など毎月の使用量が多い方、ボトルの重さが気にならないという方にとっては、大容量ボトルを選択すれば、ボトル交換の回数も、ストックのお水の数も少なくて済むため、水の収納場所の確保も省スペースで済むというメリットが期待できます。

新鮮なお水を楽しむために保管方法には気を付けよう

お水は正しく保管することで、より長く美味しく飲むことができますが、収納場所や保管方法を間違えると、賞味期限よりも早く劣化する危険性が出てきてしまいます。
では、どのようにストックするのが良いのでしょうか。
保管場所を決める際には、次の4つのポイントを意識してください。

1. ゴミやほこりが付きにくく、清潔であること
2. 高温多湿にならないこと
3. 直射日光が当たらないこと
4. ニオイの強いものが近くにないこと

このうち、最も注意してほしいのが、直射日光です。直射日光に長時間当たっていると、お水が温水になって蒸発したり、紫外線の影響を受けて水質が劣化する可能性が出てきます。プラスチック製のボトルタイプはさらに注意が必要です。紫外線の波長はポリエステルやビニールなどの樹脂の結合を破壊してしまうことが科学的に証明されており、ボトルタイプの水を長時間紫外線にさらしたままにすると容器の破損につながりかねません。特に夏の直射日光には注意しましょう。
一方、冬場に注意したいのが、暖房器具との位置関係です。ストーブの近く、熱気や温風が直接当たるような場所は、お水自体や容器の劣化を招く危険性があります。場合によっては、季節によってストック場所を変えることも検討すべきです。
ニオイにも注意が必要です。基本的に無味無臭の水は、他の物のニオイの影響を受けやすい性質のため、ニオイが強いモノの近くで保管するのは避けてください。香水やお香、防虫剤、灯油、ペンキなどはもちろんですが、例えば、食品庫や物置で漬物や味噌と一緒に保管した場合も、知らぬ間にその独特のニオイが水に移って、ウォーターサーバーにセットしたら異臭を感じたというトラブルにつながることもあるようです。

ウォーターサーバーのお水のストック 収納場所はここがおすすめ!

お水のストックの収納場所としては、上記4つの条件を満たす場所であることはもちろん、ボトル交換時の手間を考えると、取り出しやすい場所であることも大切です。できるだけウォーターサーバーに近く、日常生活の邪魔にならない場所にスペースを確保しましょう。
キッチンなどのデッドスペースが活用できると理想的です。
スマートに収納するコツは、立体的に置く、目立たないようにするの2点。インテリアとの調和が気になるときは、ボトルを好みのデザインの袋に入れたり、収納ボックスにデザインシートを貼ったりするという手もあります。
一方、備蓄用のお水についてはどうでしょう。
災害時には、家具が倒れたりドアや収納場所の扉が開かなくなったり、部屋の行き来ができなくなったりと、想定外の事態が起こる可能性があります。さまざまなリスクを考え、いくつかの場所に分散して備蓄することをおすすめします。
なお、どうしてもストック用のお水の収納場所が確保できそうにないという方には、水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーを検討してみるのも一つの手です。

ふじざくら命水のお水の容器は省スペース設計で収納しやすい

さて、ふざくら命水の天然水は、一般的なボトルタイプではなく、空気を通しにくいビニールパックに富士山の天然水を充填し、さらに段ボールで梱包したバッグインボックスでお届けしています。
外側の段ボールが盾になって直射日光や外気温、ニオイなどから天然水を守ってくれるため、透過性のあるプラスチック製のボトルに比べて環境の影響を受けにくくなっています。
また、ふじざくら命水の賞味期限は1年で、他の天然水と比べても比較的長くなっていますが、今回紹介したような方法で正しく保管していただければ、富士山の天然水本来の美味しさを、より長く楽しんでいただけるようになっています。
狭いスペースに重ねて、立体的に保管できるのもバックインボックスの特長です。11.5リットルのバックインボックスは1辺が25cmの立方体となっており、2リットルのペットボトル6本入りの箱よりもコンパクト。最大5段まで積み重ねることが可能です。
さらに、外装の段ボールに賞味期限が記載されているので、天然水が届くたび新しい箱を下にして積み替えておけば、日常生活で消費しながら備蓄することを目的としたローリングストック法も無理なく簡単に実践できます。
なお、ふじざくら命水では、定期配送の期間を、1~4週間ごとの4種類から選べるようになっており、保管場所が十分に取れないといった場合には、配送期間を短くしてストックを最低限に抑えることも可能です。
特典付きのお得なプランを含めて詳細をご確認いただき、ウォーターサーバーのある便利な生活をぜひご検討ください。