ふじざくら命水 > 暮らしに役立つ天然水活用法 > ふじざくらコラム > ミネラルウォーターの種類と硬度

ミネラルウォーターの種類と硬度

水道の普及率は97%を超え、全国どこにいても蛇口をひねるだけで、安全な水が手に入る国、日本。金銭を惜しげもなくむやみに使うことを表す「湯水のように使う」という慣用句は、古くから湯水がどこにでも豊富にあるものだったことを教えてくれます。
一方、世界に目を向けてみると、水道の普及は進んでいるものの、水道水をそのまま飲める国は日本を含めわずか8か国、そのまま飲めるが注意が必要な国が21か国と言われており、日本からの渡航者が多い台湾やタイ、中国といった国ですら、水道水をそのまま飲むことはできません。
つまり、世界のほとんどの国では、ミネラルウォーターを購入するか、自宅でろ過や煮沸をしないと、飲料水を手に入れることはできないのです。

安心安全な日本の水道水

日本では、上下水道の整備と水道法に定められた厳しい水質基準によって、安全な水が供給されていますが、その多くが河川や湖、沼などを水源としているため、水質が悪化すれば、より多くの塩素を入れて消毒する必要が出てきます。つまり、「水道水がまずい」と感じる人が増えている背景には、水質汚染があるのです。
今でこそ一般的になった、“水を買う”という行為ですが、日本で飲料水が売られるようになったのは、1980年代前半のこと。近年では、不足しがちなミネラル分の補給や安全でおいしい水を求める社会的関心の高まりもあり、店頭や自動販売機には、さまざまな種類のミネラルウォーターが並ぶようになりました。

ミネラルウォーターには種類がある

ところで、一般的に「ミネラルウォーター」と呼ばれる水には、種類があるのをご存じでしょうか?農林水産省による『ミネラルウォーター類(容器入り飲料)の品質表示ガイドライン』によれば、

① ナチュラルウォーター
特定の水源から採取された地下水を原水とし、沈殿・濾過・加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていないもの。
② ナチュラルミネラルウォーター
特定の水源から採取されたミネラルを含む地下水を原水とし、沈殿・濾過・加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていないもの。
③ ミネラルウォーター
特定の水源から採取されたミネラルを含む地下水を原水とし、品質を安定させるために、ミネラルの調整をしたり、複数の水を混合したり、紫外線やオゾンによる殺菌・除菌などの処理を行ったりしているもの。
④ ボトルドウォーター
純水、蒸留水、河川の表流水、水道水など。処理方法に規定はなく、大幅な改変を加えることもできる。

の4つに分類されます。ミネラルウォーターのラベルに明記してあるので、ぜひ一度確認してみてください。

ミネラルウォーター≠天然水

一方、よく耳にする「天然水」の定義といえば、特定の水源から採取した地下水を原水とする水。すなわち、沈殿・ろ過・加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていない地下水だけが、天然水と呼ぶことができるため、ミネラルウォーターの分類による「ナチュラルウォーター」と「ナチュラルミネラルウォーター」は天然水に当たりますが、ミネラルウォーターは天然水ではありません。
ちなみに、ふじざくら命水は、富士山の標高1000mにある水源地から採取した水を、127度の高温で加熱殺菌しボトリングしていますので、ミネラルウォーター類の分類はナチュラルミネラルウォーターになり、天然水となります。

ミネラルウォーターの硬度 硬水と軟水

ミネラルウォーターには、「軟水」と「硬水」という分け方もあります。
これは、1リットルのミネラルウォーターに含まれるマグネシウムとカルシウムの量によって算出した「硬度」を元にした分類です。

硬度の計算方法
硬度=(カルシウム量mg/L×2.5)+(マグネシウム量mg/L×4.1)

ミネラルウォーターの分類には国ごとの考え方に差があり、品名表示の方法も異なりますが、WHO(世界保健機関)では硬度60mg/L未満を軟水、60~120mg/Lを中硬水、120~180mg/L硬水、180mg/L以上を超硬水としています。一方日本では、硬度100mg/L以下の水を軟水とし、101~300mg/Lを中硬水、301mg/L以上を硬水とする分け方が一般的なようです。

ミネラルウォーターの商品ラベルの栄養成分表示には、カルシウム量やマグネシウム量が記載されているので自分で算出することもできますが、硬度が記載されているものも多く見られます。

水の硬度とミネラル量には関係があるのか?

ミネラルウォーターは、降り注いだ雨や雪が、地下深くに浸透し、湧き出てきた湧水であり、その過程で、どのような地層をどのくらい時間をかけて通ったかによって、含まれるミネラル成分も異なります。
硬水は、カルシウムやマグネシウムを多く含む地層を、長い時間をかけて浸透した水。ヨーロッパに硬度の高い水が多いのは、石灰岩層の地層が多く、平坦な大地が広がっているためです。一方、起伏に富んだ地形と雨量の多い日本では、水の流れも速いため、柔らかい水が多くなります。
硬度は、カルシウムとマグネシウムの量によって算出されるため、カルシウムやマグネシウムの量が多ければ多いほど、高くなります。ただし、他のミネラルとの直接的な関係はなく、従って、硬度が高いからといって、必ずしもいろいろな種類のミネラルがたくさん含まれているというわけではありません。
また、ミネラルウォーターの風味や口当たりは、含まれているミネラルの種類やそのバランスによって異なります。ちなみに、マグネシウムの含有量が多いほど、苦みなど、独特の風味が増すと言われます。
なお、水源によって硬度には違いがあるものの、日本の水道水はおおむね軟水となっているようです。

硬度で変わる味や特徴

「硬度」がミネラルウォーターのすべてを表すわけではありませんが、その特徴を知る一つの目安になります。軟水と硬水に優劣はありませんが、水としての性質が異なるため、それぞれの性質を知り、うまく利用するのがおすすめです。

硬水は便秘改善や動脈硬化の予防に期待

例えば、硬水に多く含まれているカルシウムとマグネシウムは、血管を強くし、血液をサラサラにする効果が期待できるため、動脈硬化の予防につながります。また、マグネシウムは下剤にも使われる成分なので、慢性的な便秘に悩んでいる人にとっては便秘の改善が期待できます。料理では、肉の臭みを消したり灰汁を出したりする働きがあり、シチューなど洋風の煮込み料理に向いています。
ただし、胃腸の弱い人はおなかが緩くなる可能性があるので不向きですし、お米を炊くと、カルシウムが吸水を妨げるため、ぼそぼそとした固いごはんになってしまいます。さらに、香りや繊細な風味を楽しみたい料理や飲み物にも適しません。

赤ちゃんのミルクの調乳や幼児のいるご家庭には軟水

一方、繊細な味付けや素材の風味を大切にする和食に向いているのが軟水です。無味無臭なものが多いため、素材本来の味や風味を邪魔することがありません。お米の炊飯にも適しており、ふっくらつやつやなご飯が炊き上がります。
まろやかな風味とさっぱりとした口当たりのお水が多いので、就寝前や体調が優れないときの水分補給にも、身体にやさしい軟水がおすすめです。
また、肌や髪の毛にも優しく、石鹸や洗剤などの泡立ちも良いとされます。
ところで、赤ちゃんや幼児にとって、マグネシウムがたくさん入った硬水は、胃腸に負担をかけすぎる懸念があります。体調を崩す原因にもつながりますので、ぜひ体に優しい軟水を飲ませてあげてください。

いろいろな水が店頭に並び、どれを飲もうか迷う昨今ですが、種類や硬度の違いを知っていると、お水の選び方のヒントになります。
一方で、人間の体は、自分の体調に合った水を、美味しいと感じるようにできているとも言われます。いろいろな効能が期待できることも大事ですが、「美味しい!」と感じる水を選ぶこともやはり大切なポイントです。
富士山に降り注いだ雨や雪が、長い年月をかけて玄武岩層を通過し、自然濾過されたふじざくら命水は、バナジウムやシリカと言った稀有なミネラルを含むナチュラルミネラルウォーター。赤ちゃんや小さなお子さまからご年配の方にも安心して飲んでいただける軟水です。ぜひ一度、お試しください。

今なら、お申込みから3ヶ月間はウォーターサーバーの解約金も、ウォーターサーバーのレンタル代も無料!ウォーターサーバーの新規ご契約をご検討中のお客様向けに「ウォーターサーバー解約金3ヶ月間無料キャンペーン」を実施しています。
ふじざくら命水で安心してウォーターサーバー生活をスタートしましょう!

 

参考・参照元
藤田紘一郎「決定版 正しい水の飲み方・選び方」海竜社
藤田紘一郎「水と体の健康学」ソフトバンククリエイティブ株式会社
一般社団法人日本ミネラルウォーター協会
国土交通省「令和元年版 日本の水資源の現況について」
農林水産省「ミネラルウォーター類(容器入り飲料)の品質表示ガイドライン」

 
 

ふじざくら命水お得情報

お得なプラン・キャンペーン