ふじざくら命水 > 暮らしに役立つ天然水活用法 > ふじざくらコラム > ウォーターサーバーの設定温度と便利な活用

ウォーターサーバーの設定温度と便利な活用

ミネラルをたっぷり含んだ美味しい富士山の天然水を、いつでも飲めるウォーターサーバー。その最大の魅力は、冷水も温水も手軽に楽しめることにあります。
そこで今回は、とても便利なウォーターサーバーの冷水や温水の機能について、温度設定や活用の仕方など、詳しくご紹介します。

ウォーターサーバーの冷水・温水機能

機種によって若干の違いはあるものの、多くのウォーターサーバーの設定温度は、冷水が5℃~10℃、温水は80℃~90℃が平均的なようです。
もちろん、ふじざくら命水のウォーターサーバーも、冷水と温水を常時利用することができます。使い方はとても簡単で、操作部のボタンを押すだけ。「冷水」ボタンを押せば、いつでも飲み頃に冷えたおいしい水が飲めますし、「温水」ボタンを押せば適温に温度調節されたお湯が出てきて、お茶を煎れることも、カップラーメンを作ることもできます。
わざわざ別容器に移して冷やしたり、やかんや電気ケトルで熱いお湯を沸かしたりする手間が省けるので、家事の軽減や時間の短縮にもつながります。
ところで、世の中にはたくさんのウォーターサーバーがあるにもかかわらず、100℃の熱湯が出る機種は見当たらないのはなぜでしょう?100℃でキープするためには、温水サーバーの加熱機能を常時フル稼働することになり、電気代が通常の数倍かかることになります。

例えば、熱湯で作ると美味しいといわれるカップラーメンですが、やかんで沸騰させたお湯をカップ麺の容器に注ぐ際、急速に温度は下がり、器を満たした頃には90℃近くまで下がっていることをご存じでしょうか。
実はカップラーメンも90℃くらいの温度で問題なく美味しく作れるのです。
そうしたことから、わざわざ高いコストをかけて沸騰状態を保つ必要はないという結論になったようです。

冷水と温水の温度

ふじざくら命水のウォーターサーバーは、冷水2段階、温水3段階の温度設定が可能です。ボタンを押すだけで温度切り替えが可能なので、用途に合わせて使い分けることができます。

冷水の温度

ふじざくら命水のウォーターサーバーは、冷水と弱冷水が選べます。
冷水(6℃~12℃)は、夏場はもちろん、スポーツや入浴前後の水分補給に最適で、保温・保冷機能のあるマイボトルに入れて携帯すれば、ひんやり冷たいお水がいつでもどこでも楽しめます。
冬季の水分補給や、冷たすぎるお水が苦手な人には、常温に近い弱冷水(12℃~16℃)がおすすめです。寒い日にもお水が美味しく感じられる、身体にも優しい温度です。

お湯の温度

一方、温水は、3段階の設定が可能です。
まず、もっとも高い高温水は、90℃~93℃。沸騰直前の温度です。ほうじ茶、紅茶、玄米茶、ドリップコーヒーなどに最適で、熱湯が推奨されるカップラーメンも、十分おいしく作れます。
美味しい煎茶を煎れたいときや、インスタントコーヒーには、温水(80℃~89℃)がおすすめです。即席のお味噌汁やカップスープもこの温度で十分なので、忙しい朝やランチのときにも重宝します。
さらに、省エネ運転中の温水(65℃~75℃)は、赤ちゃんのミルクを作るのに便利な温度。晩酌をする方の焼酎のお湯割りにもおすすめで、熱すぎず、ぬるすぎず、風味豊かな一杯が楽しめます。

白湯ダイエットも手間なく簡単

ところで、最近話題の白湯ダイエットをご存じですか?すでに実践中という方も、いらっしゃるかもしれません。
実はこれ、1日に800mlほどの白湯を、何回にも分けて少しずつゆっくりと飲むだけで、温められた内臓の動きが活発化し、体内の血の巡りが良くなって、痩せやすい体質になっていくというもの。不要な水分や老廃物が排出される、デトックス効果も期待されます。
とても簡単に思えますが、実際にやってみると、続かない人も多いよう。なぜか?
実は、お水を一度沸騰させ、不純物を取り除いてから、約50℃程度まで冷まして白湯を作るというのは案外時間がかかる作業で、それを一日に何度もやるのはなかなか大変なのです。

その点ウォーターサーバーなら白湯づくりも簡単。温水4:冷水3の割合で入れるだけ。省エネモードなら、カップに注いで少し待つだけで約50℃の白湯が完成します。ウォーターサーバーを活用した白湯ダイエットなら手軽に続けられるのが大きなメリットといえるでしょう。

赤ちゃんのミルク作り

子育て中のご家庭にとって想像以上に負担となっているミルク作りでも、ウォーターサーバーが救世主になり得ます。
赤ちゃんには、1日8回、3時間おきにミルクをあげなければいけないのですが、これがなかなか大変です。例えば、水道水でミルクを作る場合、カルキや雑菌を抜くために一度沸騰させる必要があります。これだけでも手間なのに、発がん性が疑われるトリハロメタンなどを取り除き安全な水にするためには、お鍋で10分以上も加熱し沸騰させ続けなければなりません。
ようやく安全なお湯ができても、沸騰直後は温度が高すぎてミルクの成分を壊してしまう可能性があり、すぐには使用できません。70℃前後までお湯を冷ましてから哺乳瓶に入れ、粉ミルクを調乳し、さらに人肌に冷ましてようやくミルクをあげることができるのです。
これを、おなかがすいた赤ちゃんをあやしながら、1日に8回以上も繰り返す。もちろん、夜中だろうが早朝だろうが、赤ちゃんの行動に違いはありませんから、ママやパパの精神的かつ肉体的な負担は相当なものです。
その点、ピュアな富士山の天然水で、弱アルカリ性の軟水のふじざくら命水は、生まれたばかりの赤ちゃんにも安心して飲ませることができる安全なお水。ミルク用としても理想的です。製造工程が厳重に管理されていて、ボトリング後も外気をパック内に取り込む心配がないので、わざわざ沸騰させる必要はありません。ウォーターサーバーから哺乳瓶に直接注いで調乳し、適温に冷まして赤ちゃんにあげるだけ。大幅に手間が省けて時間が短縮でき、ママやパパの睡眠時間も確保できるようになります。

常温水ならバッグインボックスのコックから

身体を冷やしたくないという方には、バッグインボックスをウォーターサーバーに接続せず、直接お水を出すことができます。

バッグインボックスにはコック付きの注水口がついているため、天然水バッグが入った段ボールから注水口を引き出すだけで簡単にコップに注げます。
これが、アウトドアや災害時、停電時など、ウォーターサーバーが使えないシーンでも、ふじざくら命水が便利に活用できるポイントです。

 

このように、冷水と温水が簡単に利用でき、活躍シーンも多彩なウォーターサーバー。子どもの誤操作を防止するチャイルドロック機能や、自動でタンク内部の衛生状態を保つ高温循環機能など、便利な機能も搭載されています。
富士山の天然水「ふじざくら命水」のバッグインボックス2箱(23L)とウォーターサーバーのレンタル料が3ヶ月無料になる新規契約特典に加え、現在「お友達紹介キャンペーン」も開催中。この機会に、ウォーターサーバーのある暮らしを始めてみてはいかがですか?