ページの先頭へ

富士山の天然水をお届けして55年

富士桜命水

ふじざくら命水 > お知らせ一覧 > 9月1日は「防災の日」

9月1日は「防災の日」

もしもの時に備えて

近年、日本の気候がゲリラ豪雨や突風、竜巻など、これまでに経験のないような気象状況に変化しているといわれています。そして地震は、日本各地いつどこで発生するかわかりません。もしもの災害時、「水」はライフラインの中でもっとも重要な要素です。災害発生時、交通網の寸断や被災状況によって、必要な支援が届くまでに時間がかかる場合が想定されます。そのような場合に備えて、飲料水の備蓄に必要な量は1人あたり約3リットル、3日分(※1)と推奨されています。他にも保存食や着替え、懐中電灯や携帯ラジオなど、支援がない状況でも3日間を過ごせるような準備をしておくことが推奨されています。また、いざという時に役立てられるように、定期的に保存食やお水の賞味期限の確認、懐中電灯やラジオに入れた乾電池が電池切れになっていないかなどの確認をしておきましょう。(※1出所:政府広報オンライン)

 

自宅でも避難訓練を

学校、勤務先などでは実施されている避難訓練ですが、ご自宅で被災した場合どのように避難するか想定されていますか?市町村などでも避難訓練を実施していますので、参加された方はどのように対処するべきか、どこに防災用品があるか、どこに向かって避難するのか、などイメージしやすいですよね。しかし、一人暮らしやお仕事などの都合で地域コミュニティの活動に参加するのが難しかったり、「実施しているのは知っているし、参加したいけれどなかなか参加する機会がない」という方も多いと思います。そんな方も、ぜひご自宅で災害にあった場合を想定しておくことをおすすめします!実際に体を動かしてみるのが一番かとは思いますが、「想定する・イメージする」だけでも万が一の時の心構えができると思います。今回は、ご自宅にいるときに地震が発生した場合、何をするべきかご紹介したいと思います。

 

地震が起こったら

まずは身を守る

・ガラス窓の近くや大きな家具の近く、火の近くを避けて、丈夫なテーブルなどの下に隠れるか、三角スポット(丈夫な家具と家具の隙間など)に隠れる。

・大きな揺れの場合、コンロ等の火を消そうと近づくのは危険。揺れがおさまってから。

・あわてて外に出ない。

・戸を開けて出入り口を確保する。

 

揺れがおさまったら

家の中でも靴をはく

・大きな揺れによって家具が倒れたり食器が割れたりしている場合は家の中でも靴をはく。

 

水を貯める

・断水を想定して、主にトイレ用にバケツ・シンク・お風呂など何でもいいのでできる限り水を貯める。

・自宅の水が出ない時は近くの公園などで確保する。

 

周辺の状況確認

・建物の状態や周辺の状況を確認して、とどまる方が良いか別の場所へ避難した方が良いか確認する

 

外に避難する場合はブレーカーを落として、ガスの元栓を閉めてから

・停電になっても必ずブレーカーを落とす。復旧した時に漏電により火災が発生する可能性がある。

・ガス漏れによる火災を防ぐためガスの元栓を閉める。

 

外に避難する時は最低限の荷物だけ持つ

・無理に多くのものを運ぼうとしない。

・エレベーターには乗らない。途中で停止して閉じ込められる可能性がある。

 

そして最後に大切なことはパニックにならないこと。大きな地震が起こった場合、冷静でいることの方が難しいと思います。そのためにも、日ごろから万が一の時を想定・イメージして心の準備をしておきましょう。

 

保存水・備蓄水の必要性

地震の規模や揺れの大きさによってはご自宅からすぐに避難しなければならない場合もあるかと思いますが、自宅にとどまった方が良い場合や、ご自宅の周辺に大きな被害はないけれど、断水・停電などが発生する場合もあると思います。そんな時に活躍するのが防災用品と保存水・備蓄水です。ふじざくら命水が入っている容器(バッグ・イン・ボックス)にはコックが付いているので、停電でウォーターサーバーが使えなくても大丈夫です。空気が入らない使いきりタイプの容器でお届けしますので、清潔で新鮮なお水をどんな時でも安心してお使いいただけます。賞味期限は12カ月と長く、定期的にお届けするのでいざという時に「賞味期限が切れていて飲めない」という事態を防ぐことができます。保管する場合、ボックス型で積み重ねられます(※最大5箱まで)ので、1箱分の省スペースで保管できます。非常時には1日に1人あたり約3リットル、3日分が必要ですので、たとえば4人家族が3日間を過ごすのに必要な量は「3リットル×4人×3日分」ですから36リットルになります。これは2リットルのペットボトル18本分。持ち運びには不便ですし、保管するにもある程度のスペースが必要になります。ふじざくら命水の12リットルの場合、3箱あれば同じ量を保存・備蓄しておくことができます。2セット(4箱)を定期配送にして、新しくお届けしたボックスをストックに回し、先にお届けしたものからお使いいただく「備蓄サイクル」を実施していただくことで、万が一に備えた対策が可能です。

 

a60a2dfe95bc27e0741707a846bab5d8

※2 ふじざくら命水12Lの場合

 

※積み重ねる場合は平らで安定した場所に、ずれないように置いてください。

※5箱積み重ねたバッグ・イン・ボックスは、高さが130cmほどになります。お子様がいるご家庭では十分にお気を付けください。

 

ご家庭以外でも、オフィスや工場などの企業でも万が一に備えた防災・備蓄用品を保存・保管されているところが多いかと思いますが、大量のお水を定期的に買い替えるのは大変な労力です。ふじざくら命水なら、定期的に工場からお届けしますのでわざわざ買い替える手間もありません。ご家庭と同じように、新しくお届けしたボックスをストックに回して、先にお届けしたものからお使いいただく「備蓄サイクル」を実施していただくことで、日常では従業員の皆さまの福利厚生としてウォーターサーバーをお使いいただき、万が一の時には保存水・備蓄水としてお使いいただくことができます。

baginbox

 

昔から「備えあれば憂いなし」と言われるように、「まさか」の時や万が一に備えて日ごろから防災・備蓄用品を用意して、定期的にチェックをしておきましょう。

 

 

富士桜命水説明PV 富士桜命水説明PV お申し込み お申し込み 無料お試し 無料お試し

ご利用中のお客様

追加注文はこちらから

お支払い変更方法 クレジットカードのお支払はこちら ビジネスパートナー募集