ページの先頭へ

富士山の天然水をお届けして55年

富士桜命水

ふじざくら命水 > お知らせ一覧 > 防災・備蓄用品を再確認しましょう

防災・備蓄用品を再確認しましょう

もしもの時に備えて

近年、日本の気候がゲリラ豪雨や突風、竜巻など、これまでに経験のないような気象状況に変化しているといわれています。そして地震は、日本各地いつどこで発生するかわかりません。もしもの災害時、「水」はライフラインの中でもっとも重要な要素です。災害発生時、交通網の寸断や被災状況によって、必要な支援が届くまでに時間がかかる場合が想定されます。そのような場合に備えて、飲料水の備蓄に必要な量は1人あたり約3リットル、3日分(※1)と推奨されています。この他にも保存食や着替え、懐中電灯や携帯ラジオなど、支援がない状況でも3日間を過ごせるような準備をしておくことが推奨されています。また、いざという時に役立てられるように、定期的に保存食やお水の賞味期限の確認、懐中電灯やラジオに入れた乾電池が電池切れになっていないかなどの確認をしておきましょう。(※1出所:政府広報オンライン)

 

保存水・備蓄水にふじざくら命水を選ぶ理由

「ふじざくら命水」の賞味期限は12カ月と長く、定期的にお届けするのでいざという時に「賞味期限が切れていて飲めない」という事態を防ぐことができます。また、お水が入っている容器(バッグ・イン・ボックス)にはコックが付いているので、停電でウォーターサーバーが使えなくても大丈夫です。空気が入らない使いきりタイプの容器でお届けしますので、清潔で新鮮なお水をどんな時でも安心してお使いいただけます。

保管する場合、ボックス型で積み重ねOK(※最大5箱まで)なので1箱分の省スペースで保管できます。1人あたり約3リットルが必要ですので、たとえば4人家族が3日間を過ごすのに必要な量は「3リットル×4人×3日分」ですから36リットルになります。これは2リットルのペットボトル18本分。持ち運びには不便ですし、保管するにもある程度のスペースが必要になります。ふじざくら命水の12リットルの場合、3箱あれば同じ量を保存・備蓄しておくことができます。2セット(4箱)を定期配送にして、新しくお届けしたボックスをストックに回し、先にお届けしたものからお使いいただく「備蓄サイクル」を実施していただくことで、万が一に備えた防災対策が可能です。

 

a60a2dfe95bc27e0741707a846bab5d8

 

※2 ふじざくら命水12Lの場合

 

※積み重ねる場合は平らで安定した場所に、ずれないように置いてください。

※5箱積み重ねたバッグ・イン・ボックスは、高さが130cmほどになります。お子様がいるご家庭では十分にお気を付けください。

 

ご家庭以外でも、オフィスや工場などの企業でも万が一に備えた防災・備蓄用品を保存・保管されているところが多いかと思いますが、大量のお水を定期的に買い替えるのは大変な労力です。ふじざくら命水なら、定期的に工場からお届けしますのでわざわざ買い替える手間もありません。ご家庭と同じように、新しくお届けしたボックスをストックに回して、先にお届けしたものからお使いいただく「備蓄サイクル」を実施していただくことで、日常では従業員の皆さまの福利厚生としてウォーターサーバーをお使いいただき、万が一の時には保存水・備蓄水としてお使いいただくことができます。

 

baginbox

 

昔から「備えあれば憂いなし」と言われるように、「まさか」の時や万が一に備えて日ごろから防災・備蓄用品を用意して、定期的にチェックをしておきましょう。

 

 

富士桜命水説明PV 富士桜命水説明PV お申し込み お申し込み 無料お試し 無料お試し

ご利用中のお客様

追加注文はこちらから

お支払い変更方法 クレジットカードのお支払はこちら ビジネスパートナー募集