ページの先頭へ

富士山の天然水をお届けして55年

富士桜命水

ふじざくら命水 > お知らせ一覧 > 停電後やコンセントプラグを抜いた後、温水ランプが点滅している場合

停電後やコンセントプラグを抜いた後、温水ランプが点滅している場合

『よくある質問』でも紹介させていただいておりますが、今回は「温水ランプが点滅している場合」についてご案内いたします。

 

これは、ウォーターサーバーの機能がリセットされているお知らせです。

ウォーターサーバーは、停電やコンセントプラグを抜いた後に再通電されますと温水ランプが点滅し、空焚き防止のため温水設定や高温循環の設定がリセットされます。この状態で温水ボタンを押しても温水は出ません。

再設定は簡単に行うことができますので以下の手順をご確認ください。

安心してご利用いただくため、お手数ではございますが再設定をお願いいたします。

 

①温水設定

温水ボタンを3秒間長押しします。

温水ランプが点滅から点灯(オレンジ色)になります。点灯に変わりましたら設定完了です。

※オレンジ色の点灯の間は温水の温度が上がっておりませんので、緑色の点灯になりましたらご利用可能です。

 

②高温循環の設定(就寝前などの設定がおすすめ!)

ウォーターサーバーの左側にある省エネボタンを3秒間長押しします。

省エネボタンの上にある「繰り返し設定」が緑色の点灯に変わりましたら高温循環の設定完了です。すぐに高温循環が実施されます。

高温循環が設定されますとその後4時間はウォーターサーバーをご利用いただけません。

就寝前など、ご利用にならない時間帯に設定されることをおすすめいたします。

一度設定していただきますと、7日ごとに同じ時間帯から高温循環が自動で行われます。

 

例)10月13日(木)22時に設定

→【次回の高温循環】10月20日(木)22時

→【次々回の高温循環】10月27日(木)22時

 

高温循環機能は、タンク内を清潔に保つための機能となっておりますので、お手数ではございますが必ず設定していただき、ご利用くださいますようお願いいたします。

富士桜命水説明PV 富士桜命水説明PV お申し込み お申し込み 無料お試し 無料お試し

ご利用中のお客様

追加注文はこちらから

お支払い変更方法 クレジットカードのお支払はこちら ビジネスパートナー募集