マイアカウント

マイアカウント

ウォーターサーバーをこれから使ってみたいと思う方や、今使っているサーバーから乗り換えたいと考えている方にとって、契約前にお試しができると心強いのではないでしょうか
広告やショッピングモールの催事などでウォーターサーバーをお試しできるキャンペーンを見かけることもあるかと思います。

「ウォーターサーバーのお試し利用でチェックしておくところは?」
「ウォーターサーバーを契約する時に注意することは?」
「ウォーターサーバーがおすすめなのはどんな人?」

この記事では、ウォーターサーバーのお試し利用や、実際に契約する際に注意すべきポイントを解説します。
ウォーターサーバー選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ウォーターサーバー無料お試し・チェックすべき5つのポイント

ウォーターサーバーの無料キャンペーンや、お試し利用ができるキャンペーンを利用する場合、お試し中にチェックしたいポイントは以下の5つになります。

・水の味や設定温度
・ボトルの消費量
・サーバー本体のサイズ
・サーバーの使いやすさ
・サーバー本体の音

それぞれのチェックポイントについて、どのようなことに気をつければいいかを解説します。

水の味や温度設定

ウォーターサーバーを選ぶ上で最も大切なのは、お水の味が自分に合っているかどうかです
毎日何度も飲むものですから、味が気に入らない、飲みやすくないと感じるのであれば長続きしません。
自分や家族みんなで実際に飲んでみて、飲みやすいかどうかをじっくり確認しましょう。
味を試すには、まず常温で飲んでみることをおすすめします。
また、初めて飲んだ時に違和感があっても、しばらくすると慣れてきて好きになるというケースもありますので、お試し期間中は積極的に飲んでみるといいでしょう。

次に、サーバーの温度設定の使い勝手がいいかどうかを確認しましょう。
例えばカップ麺やインスタントスープをよく食べる方であれば、高温設定はなるべく温度が高いほうがいいですし、赤ちゃんのミルクを作りたいのであれば、高温だけでなく70〜80℃の設定ができれば便利です。
冷水についてもキンキンに冷えたお水がいいのか、常温のお水も使うのか、利用シーンによって希望は変わってくるでしょう。
温度設定の使い勝手も、ウォーターサーバーをずっと使い続けるためには大切なチェックポイントです。

ボトルの消費量

次に確認しておきたいのが、お水の使用量です。
毎日どのくらいの水を飲むのかや、お料理でどのくらい使っているのかを確認しましょう。
サーバーにセットしたボトルを何日で使い切るのかがわかれば、お水ボトルの注文数も決められます

ウォーターサーバーを契約すると、注文ノルマ数が決まっていることがほとんどです。
そのノルマ数と、実際の使用量に大きなずれがないかどうかを把握しておきましょう。
それと同時に、月に注文するボトルの本数から、料金も想定しておくと安心です。

ウォーターサーバーにかかる毎月のコストは、お水代とサーバーレンタル代、そして電気代がメインとなります。
つまりこの3つを把握できていれば、大きな予算のずれは起こらずに済みます。
お金にまつわることですので、お試し期間中にきちんと把握しておかないと、後々使いづらいと感じる原因になってしまうかもしれません。

サーバー本体のサイズ

ウォーターサーバーをどこに置くか、という問題も事前に確認しておきましょう。
サーバー本体のサイズはもちろんですが、設置の際には周囲に多少のゆとりを持つ必要があります
ウォーターサーバーは家電製品で、常時通電しています。
このため、放熱のためのスペースを設けることを推奨しているメーカーがほとんどです。
本体サイズにプラスして設置用のスペースを考えて、使いやすい場所に置けるかどうかをチェックしましょう。

とはいうものの、実際に置いてみないとわからないということもあるでしょう。
お試し利用で設置してみてしっくりこないようであれば、サイズの違う機種や、コンパクトな卓上型に変更することを検討してみることもおすすめします。

サーバーの使いやすさ

ウォーターサーバーの使いやすさについてもしっかりとチェックしておくことが大切です。
「チャイルドロック付きのものを導入してみたが、大人が使いづらい」ということもあるかもしれません。
また、メンテナンスフリーの機種で自動メンテナンスの運転時間が調整しやすいかや、温水・冷水の温度調節が簡単にできるかも使い勝手を左右します。

そして、コップなどにお水を注ぐ吐水口と受け皿の使いやすさもチェックしましょう。
お鍋に直接お水やお湯を入れたいが、吐水口の位置がお鍋をセットするほど余裕がないというケースも見受けられます。
お試し期間中に、いろいろと使ってみてわかることも出てくると思いますので、使い勝手に問題がないかは確認しておきましょう

サーバー本体の音

ウォーターサーバーは家電製品ですので、使用時や自動メンテナンス運転時などに動作音がします。
また、水温を安定させるために、冷蔵庫のようなモーター音がする機種もあります。
サーバーをどこに設置するかによっても変わってくるものの、動作音が気にならないかは気をつけておくといいでしょう

特に寝室に設置する場合は、メンテナンスモードになる時間帯を工夫しておかないと、夜中に運転音が気になるということも出てくる可能性があります。
リビングやキッチンでも、ライフスタイルや家庭の状況によっては動作音が気になるということもあるかもしれません。
動作音の感じ方には個人差もありますので、お試し期間中にじっくりと確認してください。

ウォーターサーバー本契約時に注意すべき3つのポイント

ウォーターサーバーの無料キャンペーンやお試し利用キャンペーンを利用する場合、お試し中でも契約が必要になるケースがあります。
また、無料キャンペーンで無料になる部分はどの範囲なのかなどをきちんと確認しておかないと、契約後に解約したくなったり、トラブルになる恐れもあるので注意が必要です。
ここからは、実際にウォーターサーバーを契約する際に注意しておきたいポイントをご紹介します。

月々のランニングコスト

ウォーターサーバーを利用する際に毎月決まってかかる、いわゆる「ランニングコスト」には以下のようなものがあります。
・サーバーレンタル料
・電気代
・お水の代金
・お水の送料
・メンテナンス費用や事務手数料

このうち、電気代とお水代は必ずすべてのウォーターサーバーに発生する費用です
送料やメンテナンス料はメーカーによって変わってきますし、サーバーレンタル料は無料キャンペーンを利用するのであれば発生しません。

メーカーによっては、お試し期間中と本契約とで料金や条件に変動が出ることもあり得ますので、本契約前にお試し期間と内容や条件に変更がないかもあわせて確認しておくと安心です。
また、メーカーが用意しているさまざまな料金プランを賢く利用することで、当初の想定よりもお水代や送料が安くなる場合もあります。
お試し期間の間にそうしたプランもチェックしておくと、本契約の際に迷いがなくなり、スムーズに進められるでしょう。

水ボトルのノルマ

お水ボトルの注文ノルマ数についても、本契約前に今一度きちんと確認しておくことをおすすめします
例えば、お試し期間と本契約で条件が変更になる場合や、本契約の際に今までと異なる料金プランに変更した場合は、ノルマ数の設定が異なることもあるからです。
お試し期間中にどのくらいのお水を使うかのチェックをしていれば、ノルマの数が変わっても使い切れるかどうかの試算は簡単にできるので、ぜひチェックしておいてください。

また、本契約後に自宅を長期不在するなどの理由でお水の消費量が減ってしまった場合は、配送を1回スキップするサービスを活用するという方法があります。
ほとんどのメーカーで配送日の変更やスキップのサービスが用意されていますので、上手に活用すればお水余りも怖くありません。
なお、配送スキップはメーカーによっては回数の制限があったり、手数料がかかることもあります。
スキップの際の条件も契約前にしっかり確認しておくといいでしょう。

最低契約期間や解約金

ウォーターサーバーを契約する際には、契約期間が定められています。
特に、最低限の利用期間が決まっていることが多く、この期限の前に解約する場合は、別途解約手数料が発生するというメーカーがほとんどです
使用感についてはお試し期間中に確認しているので、あまり心配はいらないと考えるかもしれません。

しかし気をつけたいのが、予定外に引っ越しをすることになった場合などです。
全国区でサービス展開しているメーカーであればあまり気にしなくても大丈夫ですが、中にはサービス提供地域が限定されているところもあります。
もしもの場合に備えて、解約手数料の金額や、引っ越しが可能かどうかも、申し込みの前にきちんと確認しておきましょう。

ウォーターサーバーはどんな人におすすめ?3つのタイプ

ウォーターサーバーを試してみたい、導入してみたいと思っていても、自分に本当に必要なのかを判断するのは難しいかもしれません。
ここからは、ウォーターサーバーの利用が向いているタイプはどのような方なのかについて解説します。

冷水や温水をすぐに使いたいタイプの人

普段から飲用としてペットボトルのお水を冷蔵庫に常備しているという方であれば、ウォーターサーバーの利用が向いていると言えます。
また、在宅ワークで日中こまめにお茶を淹れたいというタイプの方にも向いています。
冷水や温水を思い立った時にすぐ使いたいというライフスタイルには、ウォーターサーバーはピッタリです

すぐ赤ちゃんのミルクを作りたい人

子育て中の方とウォーターサーバーの親和性もとても高いと言えます
赤ちゃんのミルクは70℃くらいのお湯を使いますが、ウォーターサーバーでちょうどいい温度設定が可能です。
赤ちゃんが急に泣き出してしまうと急いで作らなくてはならず、準備ができてないと焦ってしまいますよね。
そんな時に、いちいちお湯を沸かす手間と時間が節約できるので、育児の大変さを少しだけ軽減できるでしょう。

ペットボトルを買いたくない人

お水は安心安全でおいしいものを使いたいけれど、ペットボトルを買うのは大変と思っている方にもウォーターサーバーがおすすめです
・買い物の度に重たいペットボトルを運ぶのが億劫
・無くなる度に通販で注文するのが面倒
・マイボトルを使っているのでペットボトルから移し替えるのが無駄に感じる
このように思っている方は、ぜひお試しをしてみてはいかがでしょうか。

お試し利用できるウォーターサーバーなら「ふじざくら命水」

ウォーターサーバーに興味があるという方でも、いきなり本契約を申し込むのは勇気がいるのではないでしょうか。
そんな場合は、お試し利用ができると、使い勝手やお水の味を確認できるので、導入へのハードルを下げることができます
「ふじざくら命水」では、このように思っている方に向けて、「解約機無料キャンペーン」を実施中です。
3ヶ月の間、解約金が発生せずに利用ができるので、じっくり試してから導入を決めることができます。
すっきりと飲みやすい富士山の天然水を、産直価格9リットル 1ボックス 1,458円からご利用していただけます。
また、ふじざくら命水では、子育て中のママやご家族を応援するプランや、長期利用でお得になるプランをご用意しています。

まとめ(ウォーターサーバーのお試しについて)

ウォーターサーバー導入には、確認すべきポイントがいくつかあります。
毎月の家計にも関わってくることですので、導入前にお試し利用ができると安心です
お試し期間中にこの記事を参考に、使い勝手をしっかり確かめてから導入することをおすすめします。
ふじざくら命水でも、3ヶ月間の間は解約金を心配せずにじっくり試せるキャンペーンを行っていますので、ぜひ活用してみてください。
富士山の美味しい天然水をお得に楽しむことができるプランをご用意してお待ちしております。

富士山の良質の天然水をおトクな産直価格で