ふじざくら命水 > 暮らしに役立つ天然水活用法 > 命水レシピ > 夏野菜で作る冷や汁茶漬け

夏野菜で作る冷や汁茶漬け

富士観光開発が運営するレストラン「シルバンズ」監修の、富士山の天然水「ふじざくら命水」を使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。

冷や汁茶漬け

山形県や宮崎県など日本各地の郷土料理として知られる「冷や汁」。夏バテや二日酔いなど、食欲がない時でもさっぱりといただくことができます。
今回は夏野菜をたっぷり使った、シルバンズ監修の「冷や汁茶漬け」をご紹介します。

材料(4人分)

ふじざくら命水  670ml
粉末和風だし   4g
白みそ      40g
ご飯       600g
ミョウガ     2本
なす       1/2本
キュウリ     1/2本
万能ねぎ     1本
ミニトマト    8個
梅干し      2個
白いりごま    適宜
刻みのり     適宜

作り方


1. なすやキュウリは薄切り、万能ねぎは小口切りなど、野菜はあらかじめ切っておきます。

2. 白みそは空焼きすると香ばしく風味が増します。ご家庭ではトースターをご利用ください。

3. 粉末の和風だしと少量のふじざくら命水(分量内)を鍋または電子レンジで加熱し溶かします。

4. 残りのふじざくら命水に3.と空焼きした白みそをこしながら加え、冷蔵庫で冷やします。

5. ご飯は軽く水で洗ってから器に盛り、刻んだ野菜を彩りよくのせます。

6. 冷やしただし汁をかけ、仕上げに刻みのりとごまをのせたら完成です。

撮影協力:シルバンズ

富士観光開発が運営する、クラフトビールの醸造所を併設したガーデニングのレストラン。富士山の麓、標高1,000mの赤松林に囲まれた大自然の中にあります。お子様から大人の方まで、ゆっくりとくつろげる空間でお食事をお楽しみいただけます。