ふじざくら命水 > ふじざくら通信 > コラム > 【インタビュー連載】富士山レンジャー×ふじざくら命水 第2回

【インタビュー連載】富士山レンジャー×ふじざくら命水 第2回


こんにちは、富士山レンジャーです。世界文化遺産でもある富士山が開山し、いよいよ登山シーズンに突入します。
山梨県側の吉田口登山道は、例年7月1日から9月10日まで登山ができ、中央自動車道での首都圏からのアクセスがよいことから、登山者全体の約6割が利用する人気ルートです。今回は安全な富士登山のための準備についてお話します。

安全な富士登山のための準備は万全に整えましょう

富士山の登頂を目指すには、山小屋を利用した1泊2日の計画を立てましょう。登山の日程は、混雑する週末やお盆を避け、できるだけ平日に計画することをおすすめします。天気予報をしっかり確認し、悪天候が予想されるときは登山を延期しましょう。

次に、登山の出発点である富士スバルライン五合目までのアクセスを確認します。開山中はマイカー規制を行っているため、自家用車での通行ができません。富士吉田ICの東側にある「富士山パーキング」で五合目行きのシャトルバスに乗り換える必要がありますので、ご注意ください。

さて、登山日程や五合目までのアクセスを確認したら、荷物の準備をします。必要なものは、バックパック、防寒着、登山靴です。登山中は両手があくよう、しっかりした登山用のバックパックを用意してください。
次に、水(1~2L)、食糧、防寒着やレインウエアなど、必要なアイテムをパッキングします。

高山病防止のため、登山中はこまめな水分補給を

富士山には水場や水道がなく、怪我をした際の洗浄用としても使用できるので、ミネラルウォーターを持参しましょう。
また、途中の山小屋でトイレを使うときのために、100円玉を数枚準備してください。
富士山は日差しや風の有無によって、体感温度が大きく変わります。半袖や長袖のシャツ、薄めのジャケット、フリース、ダウンなど、その時の状況に合わせて対応できるよう
に装備を揃えると安心です。

今回の準備は、私たち富士山レンジャーが巡回している吉田口登山道を登頂するための準備です。富士山には吉田口登山道のほか、静岡県の富士宮口、須走口、御殿場口登山道があります。ルートによって登山計画は変わりますので、きちんと確認して万全の準備をしてください。富士山は日本一高い過酷な山ですが、しっかり計画し準備を整え、自分のペースで歩けば頂上にたどり着くことができます。
ぜひこの夏、富士登山にチャレンジしてみてください。
富士登山の前には富士登山オフィシャルサイトを必ずチェックましょう!

次回は、富士山と水についてお話します。