ふじざくら命水 > 暮らしに役立つ天然水活用法 > ふじざくらコラム > ウォーターサーバーをやめた理由 -後悔しないためのチェックポイント

ウォーターサーバーをやめた理由 -後悔しないためのチェックポイント

温水も冷水もボタンひとつで出せるウォーターサーバーは、買い物のたびに重いペットボトルを運ぶ作業から解放されたり、災害時に備えて新鮮なお水を省スペースで備蓄できるなどメリットも多く、一般家庭での需要や人気が高まっています。

しかし、これらのメリットに満足しているという声がある一方で、せっかくウォーターサーバーを導入したにもかかわらずやめてしまう人もいます。
なぜ解約するのでしょうか?ウォーターサーバーをやめた主な理由7つとその解決策を探ってみました。

ウォーターサーバーお試し体験実施中!ふじざくら命水の「解約金無料キャンペーン」詳細はこちら

ウォーターサーバーをやめた主な理由7つと、後悔しないための確認ポイント

やめた理由1 毎月の利用料金が高い

ウォーターサーバーを解約した理由として多いのが、毎月の利用料金や維持費が負担になったという理由です。
ウォーターサーバーを契約すると、お水代だけでなく、配送料やサーバーのレンタル代、電気代などが必要になります。そのほか初期費用やサービス料の名目で支払いが発生したり、レンタル代が無料でもお水の購入ノルマがあったり、定期的なメンテナンス費用やサポート料が発生したりと、メーカーや機種、プランによって、ランニングコストに大きな違いがあるのもウォーターサーバーの特徴です。
そのため、ウォーターサーバーの導入を検討する際には、契約内容をよく確認し、導入した後にかかるすべての費用を年額で割り出した上で、月々のコストを計算することをおすすめします。

参考までに、ふじざくら命水の天然水11.5リットル×月々2箱(1セット23リットル)を基本プランと3年割プランで契約した場合の各々の年間コストおよび月額費用は以下の通りです。
  • 基本プラン

お水代・・・3,348円×12ヶ月
配送料・・・0円(東北、関東、北信越、北陸、東海の場合)
サーバーレンタル料・・・733円×12ヶ月
メンテナンス料金・・・0円
その他(初期費用、会費など)・・・0円
電気代・・・約800円×12ヶ月(省エネモードで使用した場合)
合計・・・58,572円、1ヶ月のコストは4,881円となります。

  • 3年割プラン

お水代・・・3,132円×12ヶ月
配送料・・・0円(東北、関東、北信越、北陸、東海の場合)
サーバーレンタル料・・・733円×12ヶ月
メンテナンス料金・・・0円
その他(初期費用、会費など)・・・0円
電気代・・・約800円×12ヶ月(省エネモードで使用した場合)
合計・・・55,980円、1ヶ月のコストは4,665円となります。

※上記消費税込みの金額です。

ウォーターサーバーの選び方も大切です。例えば、節電可能なエコモードの有無によって電気代は違ってきますし、お水の値段もボトル1本につき500円程の差があります。また、月々の利用料金を抑えたいのであれば、天然水に比べて比較的安価なRO水サーバーや水道水を利用する浄水型のウォーターサーバーといった選択肢もあります。

やめた理由2 お水の使用量が少なく使い切れない

宅配水タイプのウォーターサーバーの場合、お水が決まった周期で定期配送されるため、思ったよりもお水を消費できず、ボトルがたまってしまったという理由でやめてしまうことも多いようです。
そうならないためには、1人12リットルを1ヶ月の使用量の目安にして、普段の飲料水などに使う分と備蓄などの予備分にどれくらい必要か使用量をシュミレーションしたうえでお水を注文することが大切です。
家族が1日にどのくらいのお水を飲むのか、またお茶やコーヒーなどを飲む人はいるか、料理にはどの程度使用するかなど確認してみましょう。
一人暮らしなどお水の消費量が少ない場合は、少量ボトルのお水の取り扱いがあるか、出張などで家を空けることが多い方は、一時停止サービス(スキップ)があるかを契約前に確認することがポイントになります。

やめた理由3 赤ちゃんや子どもの安全のため

簡単な操作で冷水や温水が出せるウォーターサーバーは、小さな子どもにも簡単に操作できてしまいます。特に、興味津々でパパやママの真似をする年頃の子どもや、いたずら盛りのお子さんがいるご家庭では、目を離した隙にウォーターサーバーから熱湯を出してやけどをするのではないか、サーバーが転倒するのではないかなど、安全性への心配から解約に踏み切るケースもあるようです。

こうしたご家庭は、チャイルドロック機能が搭載されていたり、転倒防止装置が付属品として用意されていたりする、安全対策に配慮したウォーターサーバーを選ぶことが大切です。
チャイルドロック機能については、「乳幼児のやけど事故防止対策ガイドライン」に適合していることを示すJDSAの適合マークを取得していると安心です。

ウォーターサーバーお試し体験実施中!ふじざくら命水の「解約金無料キャンペーン」詳細はこちら

やめた理由4 サーバーのサイズやデザインがあわない

ウォーターサーバーのサイズやデザインが原因で解約する方も、少なからずいるようです。サーバーを設置してみたら、思ったより圧迫感があって邪魔に感じたり、デザインが部屋のインテリアと調和しなかったりすることに、不満を抱く方もいるようです。
ウォーターサーバーのサイズはメーカーや機種によって違う上、サーバー本体の周囲に10~15cmの余剰スペースが必要になります。また、高さも考慮しないと、設置後に想像以上の存在感を感じてしまうかもしれません。
ウォーターサーバーをどこに設置するかは、重要な問題です。コンセントがあり、直射日光や高温多湿を避けた水平で清潔な場所に十分な広さを確保できるか、しっかりと検討しましょう。
最近はサーバーの種類も豊富で、スリムな機種や、スタイリッシュでおしゃれな機種など、選択肢が広がっています。本体のデザインだけでなく、部屋のインテリアとのバランスを考慮して選ぶことが重要です。

やめた理由5 お水交換が大変

お水1リットルの重さは、1キログラム。そのため、最も一般的な12リットルボトルの重さは12キログラム以上になり、配送されるたびに自宅の中まで運んだり、持ち上げてウォーターサーバーの上部にセットしたりするのはなかなか大変な作業です。専用のケースを使ったり、ボトルの持ち方を工夫したりすることで負担はかなり軽減されるものの、ボトル交換のたびに持ち上げるのは力の弱い高齢者や女性にとっては大きなストレスになりそうです。
そこでおすすめしたいのが、高さのない卓上タイプや足元にお水をセットする下置きタイプのウォーターサーバーです。交換のたびに重いお水を持ち上げる必要がないため、かなり楽になるはずです。

やめた理由6 メーカーメンテナンスが手間

メーカーによる定期メンテナンスが面倒という意見もあります。ウォーターサーバーの外側は日々の拭き掃除などで清潔に保つことができますが、サーバー内部のタンクや通水部分を掃除するにはメンテナンスが必要です。その場合、メーカーの人がメンテナンスに訪れるため予定を調整する必要があり、煩わしさを感じる方も多いようです。

一方、ウォーターサーバーの中には、自動メンテナンス機能を搭載している機種もあります。例えばふじざくら命水のウォーターサーバーには高温循環機能が搭載されていて、普段使用しない時間帯に自動でサーバー内部のクリーニングをしてタンク内を常に衛生的に保っています。
このように、自動メンテナンス機能が搭載されている機種なら、メーカーによる定期メンテナンスの煩わしさはありません。

やめた理由7 引っ越しをきっかけに解約

「引っ越しをきっかけに解約した」という方も一定数います。手続きに手間がかかると思い込んだり、引っ越し先でウォーターサーバーの置き場所の確保が難しいという場合があるようです。
手続きに関していえば、実はウォーターサーバーの引っ越し手続きは意外と簡単で、転居先が契約中のウォーターサーバーのサービス対象エリア内であれば、住所変更するだけでOK。手続きは、Webサイトのマイページなどから変更が可能です。
一方、転居先がサービス対象外の場合は解約するしかありませんが、新規契約キャンペーンなどを利用してお得に新しいウォーターサーバーを契約するという手もあります。

関連記事:引っ越し先でもウォーターサーバーのある生活!手続きや運び方をご紹介

解約トラブルを避けるために最低利用期間などを事前に確認!

徹底的に比較検討して導入したウォーターサーバーでも、何らかの事情で解約しなくてはならない可能性もあるでしょう。そこで注意しておきたいのが、解約金(違約金)の存在です。
ほとんどのウォーターサーバーは、契約の際に最低利用期間が決められていて、期間内での解約には解約金(違約金)が発生します。契約期間は年単位のことが多く、解約金(違約金)は1~2万円程度が相場と言われます。
メーカーや機種、プランなどによって最低利用期間や解約金(違約金)の金額は違うため契約時には利用規約などをよく読み、確認しておきましょう。

ウォーターサーバーお試し体験実施中!ふじざくら命水の「解約金無料キャンペーン」詳細はこちら

まとめ

今回は、ウォーターサーバーをやめた主な理由とそうならないための注意点や解決策について紹介しました。しかしながら、結局は日々の生活のなかで実際に使ってみなければ、メリットやデメリット、コスパの良し悪しを判断するのは難しいかもしれません。

ふじざくら命水では、お水の料金だけで3ヶ月間ウォーターサーバーをお試し体験できる「解約金無料キャンペーン」を実施しています。この機会にウォーターサーバーのある便利な暮らしを体験してみてはいかがですか?