ふじざくら命水 > 暮らしに役立つ天然水活用法 > ふじざくらコラム > コスパ良好なウォーターサーバーとは?安いだけで選ぶと後悔?

コスパ良好なウォーターサーバーとは?安いだけで選ぶと後悔?

自宅にいながら、安心安全でおいしい水を手軽に飲めるウォーターサーバーは便利なサービスです。おうち時間の増加に伴いますます人気が高まっているようで、最近は「安さ」を前面に出したテレビCMなども頻繁に目にするようになりました。
とはいえ、値段だけを重視する選び方は考えもの。そこにはデメリットもあるのです。そこで、今回はコスパの視点から、後悔しないウォーターサーバーの選び方を紹介します。

ウォーターサーバーの値段は高い?浄水器やペットボトルのお水と比較

まずは、ウォーターサーバーを導入した際の費用について見ていきましょう。

ウォーターサーバーの値段の内訳

ウォーターサーバーの値段は、メーカーや機種、プランによって違いますが、一般的な内訳は以下の通りです。

  1. お水代
    ボトルなどに入った定期配送されるお水の料金です。1本あたりの価格で表示されていても、実際には、2本以上、4本以上などと最低注文数が決められているメーカーもあります。
  2. サーバーレンタル料
    サーバー本体は、購入するのではなくメーカーからのレンタルが一般的です。月額でサーバーレンタル料が決まっている場合もあれば、0円のメーカーもあります。
  3. 配送料
    お水の配送料です。配送料無料と言いながら、実は、月の回数や購入するお水の量に制約がある場合や、地域によって配送料が発生する場合もあります。
  4. 電気代
    ウォーターサーバーは家電なので、電気代がかかります。実際の金額は、機種や使い方、地域によっても違ってきますが、省エネモードやエコモードなどがある機種を選ぶと電気料金を抑えることができます。
  5. 初期費用
    新規契約の際、サーバーの送料や設置代などの初期費用が必要な場合があります。
  6. メンテナンス料金、サポート費用(故障対応など)
    メーカーや機種によってかなり差があります。例えば、クリーン機能を搭載していてメンテナンス自体が必要ないウォーターサーバーもあれば、一定期間ごとにメーカーによる定期メンテナンスが必要でそのたびに費用を請求されるケース、また年1回の会費を払うことで定期メンテンナンスや故障時に無料で対応してもらえるサポートシステムがあるケースなど、契約内容やサービスに違いがあります。
  7. 解約金・違約金など
    ウォーターサーバーの契約は年単位が基本です。2年以上の契約の場合、定められた最低利用期間内に契約を解除すると解約金(手数料)や違約金が発生するケースが多くなっています。

このうち、月額費用は1~4。他にもいろいろな費用がかかることから、ウォーターサーバーの導入を検討する際には簡単にお水代を月額で比較するのではなく、年間コストで考えることが大切です。

単純に値段で比較するならペットボトルや浄水器が安い

ふじざくら命水を例に、実際の費用を計算してみましょう。
ふじざくら命水の天然水11.5L×月々2箱(1セット)を基本プランで契約した場合、1年間のお水の使用量は276L。ふじざくら命水はメンテナンス料金やサポート費用がかからないので、年間コストは以下になります。

お水の代金・・・3,348円×12ヶ月
配送料・・・0円(東北、関東、北信越、北陸、東海の場合)
サーバーのレンタル代・・・733円×12ヶ月
電気代・・・約800円×12ヶ月(省エネモードで使用した場合)
合計・・・58,572円
※上記消費税込みの金額です。

ペットボトル入りのミネラルウォーターではどうでしょう。
値段に幅があるとはいえ、500mlのミネラルウォーターを通販で購入する場合、安価のものだと1本約35円程度。同じお水の量で年間費用に換算すると20,160円程度となり、単純に金額だけで比較すれば、ペットボトルの方が安いということになります。

では、浄水器はどうでしょう?
浄水器を使用する場合のランニングコストは、浄水器本体の購入費と水道代、ときおり交換するフィルターの料金程度。価格面だけで見れば、最も安いということになります。しかし、ここで思い出してほしいのが、「コスパ=安価」ではないということ。

ウォーターサーバーのメリット

  1. 冷水と温水がボタン一つですぐ出せる
    ボタンを押すだけで、すぐさま冷水も温水も出せるため、冷蔵庫をペットボトルに占拠されることも、お茶やコーヒーを飲むためにお湯を沸かす手間もなくなります。さらに、90℃以上の熱湯が出せるウォーターサーバーなら、カップ麺や即席みそ汁も作れて、家事の時短もはかれます。
  2. 買い出しやゴミ捨ての手間が軽減される
    自宅に定期配送されるので、重いペットボトルをお店で買って帰る必要や都度注文する必要も無くなります。また、空ボトルを回収してくれるなどゴミの量が軽減されるので、大量に出る空のペットボトルをいちいち分別して捨てる手間とストレスがなくなり、心と生活にゆとりが生まれます。
  3. 災害時には備蓄水として使用できる
    ペットボトルでも備蓄はできますが、よりコンパクトに大量のお水を確保することができます。

このように、ウォーターサーバーがあることで日常のちょっとした煩わしさから解放されるのは、大きな魅力と言えるでしょう。

後悔しないために!コスパ良好なウォーターサーバー選びの比較ポイント

では、コスパ良好なウォーターサーバーを選ぶにはどうすればよいのでしょうか。

値段

ウォーターサーバーの値段は、メーカーや機種によっても、契約内容やプランによっても違いますし、お水の消費量にも左右されます。なかには、お水の使用量や配送回数によって料金が変化する場合や、初期費用や定期的に課金される費用などもあるので、各社の特徴をよく理解した上で、月額ではなく年単位ですべての費用を計算し、比較することが重要です。

利用人数

利用人数が多ければ、その分お水を多く使うことになるため、お水代の高いウォーターサーバーを選べばそれだけ割高になります。ウォーターサーバーを検討する際には、お水の消費量をシュミレーションしてみることで、より具体的な費用を把握することが可能です。
実際のお水の消費量は、一人ひとりが家でどのくらいの水を飲むのか、料理に使用するのかといった点でも違いが出てきますが、まずは「1ヶ月一人12L」を目安に計算してみるとよいでしょう。

お水の種類

ウォーターサーバーのお水の種類には、天然水とRO水があります。

  • 天然水
    富士山、北アルプスなどの特定水源より採取され、ろ過、沈殿、加熱殺菌以外の物理的、科学的処理を行っていない地下水のこと。取水地によって、含まれるミネラル成分や味わいも異なります。
  • RO水
    RO膜と言われる0.0001ミクロンの超微細孔フィルターを通して不純物を除去した極めて純水に近いお水です。天然のミネラル成分は含まれていないため、人工的にミネラル分を添加して販売されることが多いようです。

RO水のウォーターサーバーには、宅配水タイプと水道水を利用する水道直結型(浄水型)の2タイプがあり、天然水のウォーターサーバーに比べてお水の料金が安く年間コストは低く抑えられます。
しかし、天然水のミネラル成分がもたらすまろやかさやおいしさとは違うので、「せっかくならおいしい水が飲みたい」と思う人には、味気なく感じられるかもしれません。

ウォーターサーバーの機能

機種によってウォーターサーバーの機能に差があります。例えばお水の温度にしても、冷水と温水の2種類しかない機種もあれば、冷水から高温水まで5段階もあり、ボタン一つでカップ麺や赤ちゃんのミルクが作れる機種もあります。また、自動メンテナンス機能やチャイルドロック機能などについても、搭載されている機種とされていない機種があります。
さらに、ボトルの設置場所についてもチェックが必要です。特に女性や高齢者の場合には、サーバーの下部、自分の足元に設置できる機種の方が、安全性が高いと言えます。

デザイン性

最近のウォーターサーバーは、シンプルなデザインのものから、スタイリッシュなデザインのものまで、さまざまな機種があります。サーバーの置き場所をリビングにする場合などは、周囲のインテリアとマッチするおしゃれな機種を選ぶというのも、後悔しないための重要なポイントと言えるでしょう。

一人暮らしはいらない?ライフスタイル別でみる比較ポイント

ウォーターサーバーを選ぶ際には、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことも重要です。

一人暮らしなら安価で軽量ボトルがあるウォーターサーバーが安心

一人暮らしや部屋が狭い方には、スペースを取らないスリムでコンパクトな機種や卓上タイプのウォーターサーバーがおすすめです。また、特に一人暮らしの場合には、ただでさえお水の使用量が少ない上に、外食や出張などでお水が減らないという事態も予想されます。そこで、軽量ボトルの取り扱いがあることや、お水の注文の一時停止(スキップ)ができること、お水の使用量のノルマがないことも、大きなポイントになります。

赤ちゃんがいる家庭には安心安全なウォーターサーバー

ウォーターサーバーの恩恵がとりわけ大きなご家庭が、赤ちゃんのいるご家庭です。再加熱したり冷ましたりすることなく、そのまま哺乳瓶に注いで適温のミルクが作れる温度設定ができるサーバーがあれば、ミルク作りが劇的に楽になりますし、少し大きくなっていたずらをするようになっても、チャイルドロック機能や転倒防止装置が搭載されていれば安心安全です。

コスパ重視ならふじざくら命水の天然水ウォーターサーバー

以上、ウォーターサーバーのコストパフォーマンスについて見てきました。
重ねて言いますが、コスパは価格の安い高いではありません。その価格に見合うだけのメリットや価値があるかどうか、さまざまなポイントから検討し、総合的に判断することが重要です。一言でウォーターサーバーと言っても、お水の種類も、ボトルタイプや回収方法も、サーバーの機能やデザインも、サービス内容もさまざま。毎日利用するものだけに、メリットやデメリットを徹底比較して、使い勝手の良いもの、納得のいくものを選びましょう。

ふじざくら命水は、富士山の麓にある標高1000mの採水場で、地下150mから汲み上げた正真正銘の富士山の天然水。バナジウムやシリカなど貴重なミネラルがバランスよく含まれたまろやかな口当たりと美味しさを、数ある天然水ウォーターサーバーのなかでも最安クラスでお届けしています。
お得なママ応援プランや3年割プランに加え、3ヶ月間お水代だけでウォーターサーバーのお試し体験ができる「解約金無料キャンペーン」も実施中。この機会に、ぜひお試しください。