ふじざくら命水 > 暮らしに役立つ天然水活用法 > ふじざくらコラム > 花粉症対策には適度な水分補給

花粉症対策には適度な水分補給

驚くほど暖かかった今年の冬、気象庁によればこの傾向は今後も続くそう。桜の開花予想を見ると、各メディアが全国的に例年より早いと予想しており、観測史上最も早い開花日と並ぶ地域も多くなるとか。
一方、この時期厄介なのが花粉。今や日本人の4人に1人が花粉症を発症していると言われており、今年は花粉の飛散時期も例年よりも早まっていて、すでに辛い症状に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

花粉症の症状悪化と水分バランスの関係

花粉症は、植物の花粉に対して人間の体が起こすアレルギー症状。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみの4大症状が一般的ですが、場合によっては頭痛や嘔吐、アナフィラキシーショックなど、深刻な症状に発展することもあるようです。
新たな治療法の開発も進んでいるようですが、残念ながら現状では根治は難しいようです。
不規則な生活やストレスによって抵抗力が弱まっていたり、体内で調整役を担っているミネラルが不足して免疫機能が低下したり、また、水分がうまく巡らず体内に老廃物と一緒に溜まっていたりすると、アレルギー症状がより強くなるとも言われています。ちなみに、漢方医学では、このような体内の水分バランスの異常な状態を「水毒」というそうで、鼻水は不要な場所にたまった水分を排出する現象、頭痛も体内の水の巡りの悪さからくる症状だと考えられているそうです。

アレルギー症状には適度な水分摂取が効果的!?

花粉症は、毎日の生活習慣を見直し、水分やミネラルを適切に摂ることで、抵抗力や免疫力が高まり、多少でも症状を軽く抑えることができるそうです。なかでもミネラルは、野菜から摂取できる量が減少していることもあり、現代人は慢性的なミネラル不足に陥っていると言われているので、意識して摂ることが重要です。

そこでおすすめしたいのが、天然のミネラルをバランスよく含んだふじざくら命水の『ちびちび飲み』。成人に推奨される1日の水分摂取量=1.5~2Lを、1回にコップ半分程度を目安に何度も口にすることで、体内のミネラルバランスが自然に整えられ、体内の水の巡りも良くなっていきます。
ここで重要なのが、身体を冷やす冷水ではなく、「白湯(さゆ)」で行うこと。白湯とは、お水を一度沸騰させ、約50℃程度まで冷ましたお湯のこと。湯ざましとも言われます。白湯をゆっくりと味わうように飲むと、胃腸など内臓機能の働きを促進する効果やデトックス効果、身体を内側から温めてくれるので免疫力や基礎代謝を上げる効果があり、内臓の温度が1℃上がると免疫力が30%アップし、基礎代謝も10~12%上がると言われています。
また、白湯はこんな方にもおすすめです。1つでも当てはまる項目があれば、ぜひ試してみてください。
・ 手足が冷たい
・ 体調を崩しやすい
・ すぐにイライラしてしまう
・ ゆらぎ肌
・ 便秘
・ むくみが気になる
また、白湯は、毎日適量を飲み続けることで効果を得ることができるため、基本的には「朝・昼・夜」に飲むことを習慣化することが大切です。ウォーターサーバーがあれば、沸かす手間なく、ボタンひとつでお湯が出るので、白湯の『ちびちび飲み』も手軽に続けられます。
作り方は簡単で、温水4:冷水3の割合か、省エネモードならカップに注ぐだけで約50℃の白湯が作れます。

日頃の生活習慣も重要

もちろん、日ごろから栄養バランスの良い食事と質の良い睡眠をとって体調を整えることも大切です。血管を広げ、鼻づまりや粘膜の炎症を悪化させるアルコールや、煙に含まれる化学物質が鼻の粘膜を刺激するタバコ、粘膜の炎症を後押しする唐辛子や香辛料を避けることも症状を軽くする効果があると言われます。

今年は感染症の流行の影響でマスクが手に入りにくくなっていて、それもまた悩ましいところ。ウォーターサーバーをフル活用し、少しでも症状を和らげて、花粉の季節を乗り越えましょう!

参考・参照元:
・ 厚生労働省ホームページ 「花粉症特集」
・ マイライフニュース 「風邪や花粉症にかかりやすいのはミネラル不足が原因?」
・ tenki.jp 「花粉症にはミネラル!? 栄養素“ミネラル”について知ろう」
・ からだカイゼン委員会 「花粉症がつらい…悪化させないためにできる対策とは?」
・ 東洋経済オンライン 「名医が直伝!つらい花粉症の軽減法とは」
・ 漢方のツムラ 「アレルギー性鼻炎・花粉症」