ふじざくら命水 > ふじざくら通信 > コラム > アルコールで水分補給は逆効果?

アルコールで水分補給は逆効果?

気が付けば、今年も残り少なくなってきました。なんだかんだと慌ただしい今日この頃。行事やイベントも多く、お酒をいただく機会も増える時期ですね。

悪酔い&二日酔いの原因は…

「酒は百薬の長」とことわざにもある通り、適度な量のアルコールはストレス解消や食欲増進など多くの利点があります。しかし、ひとたび飲み過ぎると、気分が悪くなったり頭痛がしたりと不快な症状に見舞われることに。
なかでも翌日の二日酔いは最悪で、あまりの辛さに「もうお酒はやめる!」と後悔した経験のある方も、珍しくないのではないでしょうか。
実は、悪酔いや二日酔いの原因の一つは、脱水です。お酒をたくさん飲んでいるのだから、普段より水分を大量に摂取しているはずなのにと不思議に思われるかもしれませんが、アルコールは、いくら飲んでも水分補給になりません。それどころか、却って体内の水分を奪ってしまうことになるのです。
なぜでしょう?
まず、アルコールに利尿作用があることが挙げられます。お酒を飲むとトイレが近くなるのはこのためです。特にビールは利尿作用が強く、例えば1リットルのビールを飲むと、1.1~1.2リットルの水分が尿となって排出されてしまうそう。これでは飲めば飲むほど体内の水分は失われ、脱水状態になってしまいます。
さらに、私たちが飲んだお酒は、肝臓でアセトアルデヒドと言う有害物質に分解され、さらに無害な酢酸に分解されて、やがて尿や汗などとして排出されるのですが、この過程でも水分が必要になります。
お酒を飲んだ翌日、体のむくみや顔の腫れ、肌のくすみなどが見られるのは、脱水の影響で新陳代謝が悪化している証拠。本来なら水分が排出してくれる老廃物や有害物質が脱水のために体内に停滞して、不健康な状態を作り出しているのです。

お酒と一緒にふじざくら命水で脱水予防

そこで、ぜひおすすめしたいのが、乾杯前と就寝前の水分補給。お酒の席では、乾杯前にコップ一杯の水を飲むと悪酔いの予防になります。また、帰宅後は体に吸収されやすい軟水のふじざくら命水を飲んでからベッドに入れば、就寝中にアルコールの分解がスムーズに進みますし、残留したアセトアルデヒドも水の解毒作用によって体外に排出されるので、二日酔いのリスクが減少します。

さらに、できればお酒を飲んでいる最中にも、ときどき水を口にしたいもの。バーなどでアルコール度数の高いウイスキーなどをストレートで頼むと、チェイサーと呼ばれる水が一緒に提供されますが、そうでない場合も意識して水を摂取することで、水分補給はもちろん、お酒の味がより鮮明になったり、高ぶった気持ちが沈静化されて思わぬ深酒が防げたりと、さまざまな効果が期待できそうです。ぜひお試しください。

参考・参照元:
藤田紘一郎「水と体の健康学―なぜ熱中症には真水が危険?肉食系は超硬水でダイエット?」(SBクリエイティブ)
藤田紘一郎「決定版 正しい水の飲み方・選び方-100歳まで元気に楽しく生きる鍵」(海竜社)
厚生労働省 e-ヘルスネット