ふじざくら命水 > ふじざくら通信 > コラム > 水分補給は入浴の前・中・後

水分補給は入浴の前・中・後

日一日と、秋の気配が深まりつつある今日この頃。富士山周辺では、冬の足音がすぐ近くまで来ています。これからの季節、寒さで縮こまった筋肉をほぐし、心も体もリラックスして明日への英気を養える入浴タイムは、ますます大切なひとときに。一日の終わりには、たっぷりとお湯をはったバスタブに全身を沈めて、ゆったりと過ごしたいものですよね。

健康のため、入浴後の水分補給を習慣にしよう

『入浴の事典』(阿岸祐幸 東京堂出版)によれば、日本における一般的な入浴の手順は、

1. 掛け湯をする
浴槽の湯やシャワーを手足の先から心臓に向かってかけ、皮膚を温める。
2. 浴槽に浸かる
38~41度くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸る。
3. 体を洗う
石鹸を泡立て、柔らかいタオルで肌をなでるように洗う。
4. 再び浴槽に浸かる
額がほんのりと汗ばみ、全身に温感が得られるまで寛ぐ。

という流れとのこと。入浴時間については、年齢、体力、習慣、健康状態、さらにはその時の疲労度や気分で長短があり、一概には言えないものの15~20分程度が一つの目安になるそうです。こうした一般的な手順で入浴した場合、入浴中を含めた入浴後1時間までの間に、およそ400~600mlの水分が汗となって体外に出ていきます。そのため、お風呂上りの体は軽い脱水症状に陥っていて、血液が凝縮され、血管が詰まりやすい状況になっているのです。
そこでぜひ習慣にして欲しいのが、入浴後にコップ1~2杯の水分を補給すること。例え喉が渇いていなくても、意識的に摂ることが大切です。
水道水を飲んでもよいですが、天然のミネラルをたっぷり含んだ「ふじざくら命水」なら、汗と一緒に失われるナトリウムやカリウムなどのミネラル分も補給できて、さらに健康的。一方、避けて欲しいのがアルコール類。「風呂上りの冷えたビールは格別」と言う人もいますが、ビールは利尿作用がとても強く、アルコールを分解する際にさらに水分が必要になるため、喉を潤すことはできても脱水症状を解消するどころか、かえって促進してしまうそうです。

ひと工夫で、毎日の入浴をもっと楽しく効果的に!

一般的に、体を温めると、血流が良くなり代謝効率がアップします。これが、適度な入浴が健康に良いとされる所以の一つなのですが、入浴前にミネラルウォーターを飲むことで、さらに代謝が高まり、良い汗をかくことができるようになります。
また、浴室内に冷えた水を用意しておいて、バスタブに浸かりながらちびちびと飲むのもおすすめです。気分転換になりリラックス効果を高めてくれますし、増えた汗と一緒に老廃物も流されて、いつも以上にさっぱりするはず。美肌効果も期待できそうです。
 

さて、冬の訪れとともに恋しさが募るものの一つが温泉です。実は、ここ山梨はいたるところで温泉が湧き出している温泉王国。泉質も、景観も、多様性を誇ります。富士五湖周辺にも、富士山の雄大な眺望を楽しみながらミネラル成分豊富な温泉を堪能できる日帰り温泉などありますので、今度の休日に訪ねてみてはいかがですか?


参考・参照元:
阿岸祐幸「入浴の事典」(東京堂出版)
藤田紘一郎「決定版 正しい水の飲み方・選び方-100歳まで元気に楽しく生きる鍵」(海竜社)