ページの先頭へ

富士山の天然水をお届けして55年

富士桜命水

ふじざくら命水 > めいすいママ倶楽部 > いつから始めるの?はじめての離乳食

いつから始めるの?はじめての離乳食

めいすいママ倶楽部「いつから始めるの?はじめての離乳食」

 


赤ちゃんの成長は早いもの。あっという間にミルクを卒業して離乳食に挑戦です。ミルクを卒業した後もお水は赤ちゃんの食事に大きく関わってきます。赤ちゃんがミルクを卒業するのが一般的に生後5~6ヶ月と言われています。ただしこれも個人差がありますので、赤ちゃんの様子を見ながら「食べてみようかな」のサインを待ってみてください。サインはいくつかあって、「首が座っている」「大人の食事の様子をじっと見ている」「大人が食べているものに興味を示す」「スプーンを口に入れると押し戻さなくなる」などが挙げられるようです。それでは、赤ちゃんの成長に合わせて離乳食の概要についてご紹介していきましょう。

 

▼生後5~6ヵ月ごろ 離乳食初期「ゴックン期」

初めての離乳食は、お米を10倍のお水でトロトロにした糊状のお粥からスタートする方が多いようです。お米はアレルギー反応を起こす可能性が低く、消化にも良いからという理由が一般的です。最初は、1日1回ひとさじ(小さじ1杯分)からスタートしてみましょう。赤ちゃんの体調やご機嫌をみながら、午前中の授乳前が適しているようです。2~3日経って慣れてきたらひとさじずつ増やしてみましょう。スタートしてから1週間ほどはトロトロのお粥で様子をみて、そのあと野菜をやわらかく煮てすりつぶしたものや白身のお魚、お豆腐をすりつぶしたものなどにチャレンジしてみましょう。初めての食材にチャレンジする時は、1種類ひとさじから始めるのが良いようです。万が一湿疹や発作などのアレルギー反応が出てしまった時に、どの食材に反応したのか特定できるからです。こうして1日1回のペースでミルク以外の味や香りに慣れてから、徐々に2回に増やしてみましょう。2回目の量は、1回目の3分の1くらいから。生後5~6か月の離乳食初期は「ゴックン期」とも呼ばれるように、唇を閉じて食べ物を飲み込む練習をする期間です。また、主な栄養は母乳やミルクで取っていますが、ミルク以外の食事を覚えるための大切な期間です。離乳食の回数や量が少しずつ増えてきますが、やはり水分がとても多い食事になりますね。赤ちゃんの消化器官がまだ十分に発達していないので、おいしいお水で食材をやわらかく調理してあげてくださいね。また、離乳食を始めるころは、白湯や麦茶などにチャレンジするのにぴったりです。母乳やミルクでも水分は摂取していますが、その他の水分の味や舌触りになれておくことも大切です。この時も、カフェインやタンニン、添加物が入っていないものを選びましょう。そして内臓に負担がかからないように必ず薄めてあげてください。初めてのチャレンジは、離乳食と同じくひとさじから。たくさん飲ませ過ぎてしまうと、授乳のときに飲まなくなってしまったり、下痢になってしまうので注意が必要です。

 

▼生後7~8ヵ月ごろ 離乳食中期「モグモグ期」

この頃になると、食べられる食材が少しずつ増えていき、薄味に気をつけていれば出汁で味のバリエーションも付けられるようになってきます。食べ物を上手に飲み込めるようになり、2回目の食事の量も1回目と同じくらいになってくる頃です。「ゴックン期」に比べて少しだけ食材の粒や形を残した大きさで、かたさはお豆腐やプリンくらいが目安です。赤ちゃんが舌で簡単に潰せるくらいのかたさですね。それまでの10倍粥から、水分を少し減らした7倍粥に移行するのもこの頃です。そして、ママの負担が大きくなってくるのもこの頃です。食べられる食材が増えてくるので色々なパターンで離乳食を作らなければなりません。都度作るのには手間も時間もかかってしまうので、赤ちゃんが寝ている時や、パパやおうちのひとが赤ちゃんと過ごしている時間を使ってまとめて作り、冷凍して保存しておくママが多いようです。みじん切りにした野菜とスープは別々に冷凍すると、組み合わせにバリエーションができて使いやすいようです。7倍粥と野菜、たんぱく質をバランスよく合わせて作り置きをするのが理想です。

中期も後半になってくると、もう少し固形のものを食べられるようになってきて手づかみ食べにも興味が出てくる頃です。とは言っても赤ちゃんの口ですから、かたさのイメージは木綿豆腐くらいですね。離乳食に形や食感が出てきますので、食事の途中で麦茶などを飲ませてあげると、口の中がさっぱりして次のひと口が食べられるようになるかもしれませんね。

 

▼生後9~11ヵ月ごろ 離乳食後期「カミカミ期」

「モグモグ期」の次はいよいよ離乳食後期の「カミカミ期」に入ります。「カミカミ期」は歯茎で食べものをかむ練習をする時期です。食事の回数も1日3回に増えて食事のリズムが大人と同じようになってきます。ただし、3回目の時間が遅くならないように夜7時くらいまでには終わらせるようにしましょう。自分から手づかみで食べようとする時期なので、食べ物の形や感触を覚える時期でもあります。ごはんはおにぎりにしたり、野菜はスティック状にしてゆでてあげたりすると良いですね。食べもののかたさの目安はバナナくらいと言われています。食べられる食材も豊富になってきた頃ですが、注意しなければいけないこともまだまだあります。たとえばハチミツやお刺身はもう少し大きくなるまではNGです。また、食べものには必ず火を通しておくことも忘れずに。

体の成長としては、つかまり立ちやつたい歩きができるようになってきます。運動量がとても増えてきますので、鉄分などが不足しやすくなると言われています。また動くことで汗もかきますので水分補給を忘れずに。同時に自己主張をし始めるころなので、食事の時にイヤイヤをしたり、食べムラが出てきたりもします。一生懸命使った離乳食を食べてくれなかったり、ひっくり返してしまったりすると、ママは悲しい気持ちでいっぱいになってしまうこともありますよね。そんな風に気持ちが少し疲れてしまった時は、ベビーフードに頼りましょう。1日3回の離乳食を、栄養バランスや食物アレルギーに気をつけて、赤ちゃんのご機嫌に合わせながら食べる練習をするというのは、体力的にも気持ち的にもとても負担がかかることです。頑張りすぎずに、赤ちゃんと過ごす時間を楽しめるように、たまにはラクをしましょう!そして、パパやおうちのひとに甘えましょう。きっと喜んで引き受けてくれると思いますよ。

 

▼生後12~18ヵ月ごろ 離乳食完了期「パクパク期」

離乳食も最終段階の「パクパク期」に入ります。この頃になってくると、食事などの生活リズムや調理法も大人とあまり変わらなくなってきます。火を通すタイミングや味付けのタイミングをずらせば、大人の食事を用意しながら離乳食作りもできるようになるのでママはぐっと楽になってきますね。「カミカミ期」は歯茎で食べものをかむ練習をする期間でしたが、「パクパク期」は口の中で左右に食べものを動かしながら歯茎でかんだり、すりつぶしたりして食べる期間です。食べた時の食感が楽しめるように野菜などは千切りや乱切り、みじん切りなどバリエーションをつけてみましょう。同じ食材でも、その日の赤ちゃんのご機嫌によってよく食べたり、食べなかったりすることがあるかもしれませんがあまり気にせずに。調理方法や味付け、食材のかたさを変えてみると良いかもしれません。ママやパパが食べている様子をみることで興味を持つこともあるようです。

また、赤ちゃんは1回の食事で食べられる量が少ないので、次の食事の妨げにならない程度のおやつでエネルギーを補ってあげる必要があります。離乳食やおやつから摂取する栄養が大半を占めるようになってくるので、おやつと合わせてミルクや牛乳もあげるようにしましょう。おやつはお菓子よりもエネルギー源になるおいもなどの炭水化物や、果物、乳製品がおすすめです。

この頃赤ちゃんは道具を使うことにも興味を持ち始めます。スプーンやフォークを使ってみたい、コップを持って飲んでみたいなど、積極的に自分から食べる食事へと変わっていく段階です。手づかみ食べもより積極的になってきますので、食べものや飲みものがこぼれたりして、食事の時のママはちょっと大変かもしれません。ぜひパパやおうちのひとの手を借りましょう。レジャーシートを床に敷いておいたり、ビニール製のテーブルクロスを敷いておいたりしておけば後片付けもちょっと楽になりますね。いくつか用意しておけば、柄を選ぶのもママの楽しみのひとつになるかもしれません。手づかみ食べも、道具を使ってみることも、たくさん経験させてあげたいですね。

 

離乳食は、母乳やミルクから徐々に固形の食事に変わり、大人の食事に少しずつ近づく準備をするためのものだと思います。段階として初期、中期、後期、完了期と分かれており、それぞれに「生後○ヵ月ごろ」としましたが、あくまでも目安として参考にしていただき、大切な赤ちゃんの成長に合わせた進め方で見守っていただきたいと思います。

 

【新米ママ&パパも作れる離乳食の作り方】

初めての離乳食は10倍粥からスタートするが多いようですね。お米はアレルギー反応を起こす可能性が低く、消化にも良いからという理由が一般的です。それでは、新米ママ&パパも作れる簡単10倍粥の作り方をご紹介します!

 

▼10倍粥の作り方

◎お米から作る場合

お米から作る場合のお米とお水の比率は1:10です。炊飯器のお粥モードで炊くこともできますが、1回に作る量が多くなってしまうので小さいお鍋などで作る方も多いようです。今回は、大人のご飯と一緒にお粥が作れる簡単便利な方法をご紹介します。

 

①お米を研いだら、赤ちゃんが食べる分を湯のみやマグカップなどの耐熱容器に移します。湯のみやマグカップは少し大きめのものを選ぶと中身がこぼれにくくなります。

②炊飯器には大人の分のお米とお水を、湯のみやマグカップには赤ちゃんの分のお米とお水を入れます。

③大人の分のお米とお水が入った炊飯器の中央に赤ちゃんの分の湯のみやマグカップを置いて、通常の炊飯モードで炊きます。

④炊飯時間が終わったらできあがり。赤ちゃんの分は裏ごしするとより滑らかになって食べやすくなります。

 

◎炊いたごはんから作る場合

炊いたごはんから作る場合のごはんとお水の比率は1:5です。こちらも小さいお鍋でまとめて作る方が多いと思いますが、今回は大人のご飯から取り分けて1食分だけ作りたい時に便利な方法をご紹介します。

 

①耐熱容器にごはんとごはんの5倍のお水を入れ、ふんわりとラップをかけます。

②全体が沸騰するように電子レンジで1分ほど加熱します(加熱時間は電子レンジによって異なりますので調整してください)。

③温まったら、ラップをしたまま数分蒸らします。

④荒熱が取れたらできあがり。こちらも裏ごししてあげると食べやすくなります。

 

こんな風に、赤ちゃんの離乳食は10倍粥から始まり7倍粥、5倍粥、そして茹でた野菜や果物などに徐々に移行していきます。やわらかい食事を作るにはお水は欠かせませんし、私たち大人の食事にも欠かせませんね。安心・安全でおいしい天然水をお届けすることで、私たちも大切な赤ちゃんの成長のお役に立てたら嬉しいです。

 

――めいすいママ倶楽部――

富士桜命水説明PV 富士桜命水説明PV お申し込み お申し込み 無料お試し 無料お試し

ご利用中のお客様

追加注文はこちらから

お支払い変更方法 クレジットカードのお支払はこちら ビジネスパートナー募集